Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 045

184
伊勢神宮には、太陽を神格化した天照大御神を祀る内宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る外宮があります。

 

太陽の神様である内宮の宇治橋鳥居の間から、美しい朝日が昇る瞬間を見ることができます。
今や伊勢神宮の朝日も有名になり、宇治橋の鳥居から上る朝日を一目見ようと多くの人が集まるようになってきました。

 

冬至前後の約1か月
日の出から約30分後(鳥居の背景に山があります)

 

参拝は朝5時から行えます。
日の出前はかなり冷え込みますが、早朝の参拝でより神様を身近に感じ、そして澄んだ空気を全身に取り込むと、心が洗われる感じがしてとても気持ちが良いですよ。

太陽の神様が祀られているこの内宮で、鳥居から見える日の出を拝みながら、伊勢神宮の神秘を感じてみてはいかがでしょうか。
121