Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 452

こんにちは! 葉月です!

 

ドラマや映画で活躍中の田中泯(たなかみん)さん。
舞踊家だったんですね。

 

私はてっきり俳優さんだと思い込んでいました。
舞踊では国際的に評価され、
数々の賞を受賞されいます。

 

舞踊では有名だったのですね。

 

舞踊家としての公演やテレビ、映画にと
勢力的に活動されている田中泯さんについて
経歴や結婚されているのかなど調べてみました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 

生年月日:1945年3月10日
出身地:東京都
身長:170cm
出身校:東京都都立武蔵高等学校卒業
東京教育大学中退
職業:舞踊家

 

 

主な出演作品
ドラマ
『ハゲタカ』加藤幸夫 役
『龍馬伝』吉田東洋 役
『まれ』桶作元治 役

映画
『たそがれ清兵衛』余吾善右衛門 役
『隠し剣 鬼の爪』戸田寛斎 役
『メゾン・ド・ヒミコ』卑弥呼(吉田照男)役

 

 

1964年にクラシック・バレエ、
モダンダンスを学び、多くの公演に出演。

 

1974年には独自の舞踊を求めて独自の活動に入り、
東京都八王子に研究所を創設。

 

海外では最初のデビューとして、
パリ秋季芸術祭「日本の間」展に
招待参加されています。

 

1985年には山梨県の山村に身体気象農場を開設し、
農業と舞塾を営む。

 

その後も活躍は続きますが、あまりにも経歴が
長すぎますので大筋で省略します。

 

受賞回数も数えきれないほどありますね。

 

日本国内のみならず、海外でも舞踊の評価は高く、
舞踊批評家協会賞受賞をはじめ数多くの
賞を受賞されています。

 

 

田中泯さんは、舞踏に一切の関心をもっていません。

 

肩書きを「舞踏家」「俳優」とするのは誤りで、
「ダンサー」「舞踊家」と主張されています。

 

そもそも舞踊と舞踏の違いって何?
ということで調べてみました。

 

舞踊は、体の動かし方に重点を置き、
主に人に見せるための踊り。
仕種に感情表現を含む。

 

舞踏は、ステップに重点を置き、
主に自分が楽しむための踊り。

 

これで肩書にこだわれることが納得しました。

 

つまり田中泯さんの踊りは体で表現されているので
西洋的なダンスとは違うということだったのですね。

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

田中泯さんにとっての舞踊とは?

 

山梨日日新聞2015年元旦版より
「人間にとって体とは何か。私にとって体とは
こういうものだ、というものを踊りにしたい。」 

子どもの頃とは違い、生活は便利に豊かになっていった。

 

「その一方で、体が使われなくなると、
生きている実感も生まれにくい。

 

体は誰もが唯一『私』と言えるもの。

 

体抜きには『私』とは言えないのに、
体が実感として育まれていないんじゃあないか
と感じてきた。」

 

「現代は踊りとはっきり評価できるものが『踊り』
と認識されているが、かつては体そのものが踊りだった。

 

名前なんか必要としない踊りが存在してたと思う。」
「心が動くから体も動く。本人は踊りと思ってなくても、
それが踊りなんだと思う。僕の踊りも同じ。

 

生きている実感の中から生まれる」

田中泯さんのポリシーを感じさせられる文章ですよね。

 

 

記事を読んでいると、田中泯さんの生き方の
ようなものを感じます。素敵ですよね。

 

 

 

 

それで…結婚はしているの?

 

結婚されているのか調べてみました。

 

私生活に関することはあまり公表されておらず、
どうやら結婚はされていないようです。

 

『まれ』では田中裕子さんと息の合った夫婦の役を
されていたので、そのイメージが強いです。

 

でも個性が強そうで結婚にもこだわりがありそうな
感じもしますが、どちらかと言うと、人生を舞踊に
かけてきたのかも知れませんね。

 

 

 

まとめ

 

俳優や舞踏家ではなく、ダンサーであり、
舞踊家であると主張される田中泯さん。

 

自分自身や心を舞踊を通じて体で表現し、
国際的に評価されて数多くの受賞をされています。

 

田中泯さんそのものが芸術って感じですね。

 

テレビや映画などにも出演され、
活躍の場がかなり広いです。

 

結婚は恐らくされていないようです。

 

今後、情報があれば追記して行きたい
と思います。