Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 54

 

こんにちは! 葉月です!

 

今回は、前々からドラマで気になっていた
紳士のイメージがある石丸幹二さんについて
調べてみました。

 

顔だけではなく声もイケメンさんだなって
思っていたら…。

 

石丸幹二さんの音楽に賭ける素晴らしい経歴に
奥深さみたいなものを感じました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 

生年月日:1965年8月15日
出生地:愛媛県新居浜市
身長:174cm
血液型:A型
出身校:千葉県立幕張西高等学校
東京音楽大学音楽学部器楽科サックス専攻
東京藝術大学音楽部声楽家卒業
職業:俳優、歌手
デビュー:1990年
デビュー作品:劇団四季『オペラ座の怪人』ラウル役

 

 

 

 

経歴がすごかった!

 

幼少の頃から高校入学までに、ピアノスネアドラム
トロンボーンサクソフォーン等に触れたことが
音楽への道の始まりでした。

 

幼少からこれらの楽器に触れることができる環境、
一般家庭では考えられないですよね。

 

幕張西高校では普通科音楽コースにてチェロを、
東京音楽大学音楽学部器楽科ではサックスを専攻していました。

 

あらゆる楽器の制覇を試みたのでしょうか?
それにしても音楽一筋だったのですね。

 

 

東京音大3年の時にクラシック歌手ジェシー・ノーマンの
歌声に衝撃を受けて東京藝術大学音楽学部声楽科を受験し合格
声楽を学びました。

 

大学を受験しなおすところがスゴイですよね?
人生を音楽に賭けているって強く感じます。

 

そんな石丸幹二さんは大学卒業後、お仕事も音楽関係を意識
されていたのでしょうね。

 

1990年にミュージカル『オペラ座の怪人』(劇団四季)
のラウル役で俳優デビューを飾り、看板俳優に。

 

2007年に劇団四季を退団しました。

 

東京藝大に行かなければ、どこかの楽団で楽器演奏をしたり
海外の演奏旅行など行ってたのでしょうか?

 

そう考えると環境や影響って人の進む道を変えていくんだな
としみじみ感じますね。

 

2012年には第37回菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞しました。

 

劇団を退団後にもテレビや映画、CMなど数多くの作品に
出演されるなどその活躍は目覚ましいものがありますね。
ここで主な出演作品を紹介します。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

主な出演作品

 

『半沢直樹』浅野匡 役

 

東京中央銀行 大阪西支店 支店長役で
半沢には高圧的に、大和田常務には
常に低姿勢な場面が印象的でした。

 

不正を隠蔽し、自身の失敗は部下に
押し付ける最低な上司を演じブレイク
されましたね。

 

 

 


 

『ルーズベルト・ゲーム』三上文夫 役

 

青島製作所・総務部長兼野球部長役。
野球に関してはまったくの素人だが、
押し付けられる形で野球部長になってしまった。

 

リストラの責任者となり、契約社員である
野球部のメンバーのために、何とかしようと奔走する。


 

『花燃ゆ』周布政之助 役

 

藩校・明倫館に学び、藩政を取り仕切っていた。
酒好きがもとでたびたび失敗を起こした。

 

松下村塾の活動を支援するが、松陰や塾生らの
思想や活動内容が過激さを増し、
その対処に追われるようになっていく。

 

元治元年(1864年)に幕府による長州征討が決まり、
四国連合艦隊により砲撃を受けると、
藩での実権を失い、山口で自害した。

 

音楽一筋の人生、恋愛・結婚は?

 

石丸幹二さんは51歳の今でも独身を貫いているそうです。

 

音楽を極めるあまりに結婚に至らなかったのでしょうか?
彼女も募集中だそうですよ。

 

落ち着いた雰囲気があるので、結婚されているものと
勝手に思い込んでいました(笑)

 

実はお料理が得意とか…。
独身さんの一人暮らしが想像できそう(笑)

 

体力や声にも気遣わないといけないので
時には自炊も必要なのかもしれませんね。

 

イマドキ恋愛や結婚に年齢はないので
ある日、突然に結婚発表される時がくる
かも知れませんね。

 

 

 

 

まとめ

 

幼少の頃から楽器に親しみ音楽の道を
貫いている石丸幹二さん。

 

大学在学中に他の大学受験を試みるほど
音楽を極めています。

 

大学卒業後は劇団四季で看板俳優に。

 

退団後もテレビや映画、舞台にと数多くの
出演作品を残されています。

 

私生活では独身を貫いていますが、
いつかふと結婚宣言しそうな気も…。

 

これからの活躍と熱愛報道が楽しみですね。