Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 513

 

こんにちは! 葉月です!

 

NHK朝ドラ『あさが来た』の田村宜 役で
ブレイクしていま最も注目の吉岡里帆さん。

 

あさの娘の親友役で丸いメガネとコミカルな演技が
とても印象的できれいな方だと記憶しています。

 

あるいはゼクシィのCMの方がピンとくる方も
多いかもしれませんね。

 

そんな彼女の整った顔立ちとスタイルはまさに
グラビアタレントって聞いて納得です!

 

そんな吉岡里帆さんのプロフィール
女優になるまでの経歴彼氏に至るまで
調査してみました。

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


生年月日:1993年1月15日
出身地:京都市右京区
身長:158cm
血液型:B型
趣味:猫と遊ぶ、新派観劇
特技:書道、アルトサックス
職業:女優、グラビアタレント
デビュー:2013年

 

 

主な出演作品
ドラマ『あさが来た』田村宜 役

あさの長女・千代が通う白川高等女学校
の親友で、あさを尊敬しながら女性の
生き方を模索する役。
女学校卒業後は、あさの秘書見習いとなる。


映画『明烏』 ヒロイン・明子 役

借金返済に追い込まれる最下位ホストと
全然頼りにならない仲間たちをコミカルに
描いた作品
前髪パッツンが印象的でした。

 


映画『ハッピー・ウェディング』主演・相川愛子 役

究極なドジだけど思い込むと突っ走ってしまう
という熱血あふれる新米ウエディングプランナー
の相川愛子を演じています。

 

 

(4/12追記)

今や『ゼクシィ』だけではなく、
綾鷹 にごりほのか』『ZOZOTOWN
UR賃貸住宅』『実況パワフルプロ野球
など数々のCMで引っ張りだこ状態ですね。

 

ただ今ブレイク中!!!
これからも徐々に追記していきます!

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


幼少の頃から芸術文化に親しんできた

 

吉岡里帆さんは京都の太秦で生まれています。
太秦と言えば京都太秦映画村で有名ですよね。

 

カメラマンであり映像会社を経営する父や
母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、
歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさ芸術文化に
親しんで育っています。

 

東映や松竹が近く、ちょんまげの人がお昼ご飯を
食べるのにうろうろしたりとか、
映画を撮影してる風景が日常だったそうです。

 

まるで太秦の町全体が映画村をイメージ
してしまいます(笑)
他では体験できない独特なところなんですね。

 

 

お芝居の勉強は高校生の時に独学で行っていましたが、
独学に限界を感じて高校3年生から養成所に通いました。

 

京都の大学在学中に、演劇をしてる人たちに出会って、
衝撃を受け演劇にのめり込んだそうです。

 

そして養成所のエーチームアカデミーに入学
京都の大学で演劇をしながら東京の養成所でレッスンを受け、
京都と東京の往復を繰り返す生活を送っていました。

 

何かに強く感銘を受けるって素晴らしいことですよね。
生まれながらにして身近で演劇に触れられる環境だったとはいえ、
こんなに一生懸命にうちこめるものがあるのは、
とっても幸せなことだとしみじみ思ってしまいます。

 

女優として映画でデビューしたときも活動は京都を
中心として行っていましたが、2015年6月より上京しました。

 

生まれながらに親しんだ映画村のある町から上京する
ってどんな心境だったのでしょうか?

 

 

 

 

書道家をめざしていた

 

吉岡里帆さんと言えば、書道八段の腕前を持ちます。

 

バラエティー番組などでも何度かその腕前を
披露しています。

 

私も書道を習った経験がありますが、彼女の筆の
使い方はとっても美しいし、さらっと書きますよね。
とっても素敵です。

 

大学へは書道家を目指して進学したそうですが、
演劇への思いを断ち切ることができず、
書道家ではなく女優の道を選びました。

 

 

 

彼氏の本命は一体だれ?

 

吉岡里帆さんはバラエティー番組『ダウンタウンなう』
に出演され、15歳の時から彼氏を切らしたことはない
と打ち明けていました。

 

ええ?じゃあ、今も彼氏は存在するの?
世の男性がほっておく訳がないですよね?

 

ドラマで共演した俳優の町田啓太さんや松坂桃李さん
とは特に目撃情報などなく、どうやら単なる噂に
過ぎないようです。

 

 

彼氏を切らしたことがないと告白するなら
今も彼氏がいるってことなんでしょうね?

 

気になるところですね。

 

 

まとめ

 

いま最も注目されている女優の吉岡里帆さん。

 

幼少の頃から演劇に親しみ、一時期は書道家を
目指しながらも演劇の道を断ち切ることができず、
実家がある京都と東京を往復しながら活動していましたが、
2015年より上京し、更に数多くの作品に出演され
活躍されています。

 

今後更に注目を浴びること間違いなしの
吉岡里帆さんの活躍が楽しみです。