Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 438

 

 

こんにちは! 葉月です!

 

今、日本のテニス界と言えば誰もが
錦織圭さんと連想しそうですね。

 

女子も負けてはいられません!
まだまだ若手ですが大坂なおみさんが
注目を浴びています。

 

大坂なおみさんのこれからの活躍が
楽しみですよね?

 

そんな訳で今回は大坂なおみさんについて
調査してみました。

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 

国籍:日本、アメリカ合衆国
出身地:大阪府大阪市
生年月日:1997年10月16日
身長:180cm
体重:69㎏
利き手:右
バックハンド:両手打ち
デビュー:2013年
所属:日清食品

 

 

 

大坂なおみ選手がプロになるまで

 

父親はハイチ出身、母親は日本人のハーフで
姉の大阪まりさんはプロテニス選手です。

 

父親の手ほどきでテニス競技を始めたそうですが、
TBS「白熱ライブ ビビット」によると、
実は父親はテニスの経験などほとんどなく、
テニスのビデオを見て学んだとのこと。

 

それを聞いた時には衝撃でした!
フォームとか見て真似たってことなんでしょうか?

 

1歳年上の姉がいますが、その姉にはいつもテニスで
負けてばかりで、それが悔しくて一生懸命
練習をしたそうです。

 

負けず嫌いの性格のようですね。
その性格がプロテニス選手の大坂なおみさんへと
導いたのですね。

 

 

テニスは3歳から始めました。
大阪市民用(靭公園内)のコートで練習したそうです。

 

プロのスポーツ選手と言えば幼少の頃から
専属のコーチがいたり、専門のクラブやアカデミーなどで
テニスを始めていてお金がかかるイメージがありますが、

 

大坂なおみさんの場合は違っていた…というところも
驚きであり、ますます彼女に興味が湧いてきました。

 

テニスボールにおいても使い古したボールを何度も使い
節約したそうです。

 

誰でもその気になればプロになるのも夢じゃないって
ことを教えてくれ、勇気づけてくれているようにも感じました。

 

大坂なおみさんが4歳の時、一家でアメリカ合衆国に移住しました。
語学においては日本語より英語の方が流暢だそうです。

 

恐らく日本で暮らしていた時も家庭では英語で会話
していたのでしょうね。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


国籍は日本?アメリカ?

 

 

現在は、日本とアメリカの二重国籍ですが、
将来は日本国籍を取得したいそうです。

 

姉からは日本人らしく見せているみたいで白々しいからやめる様
言われているが、母親から教わったわけでもなく、
自然と振舞ってしまうとのこと。

 

ボールを受け取るとき、握手をするときにお辞儀をする癖は
まさに日本人の振舞いですね。

 

体は180cmとアメリカ人並みですが心は大和魂って感じで
それが大阪なおみらしさなのでしょうね。

 

 

錦織級のサービス!

 

 

女子プロテニス協会のWTAは2016年秋、公式サイトにて
世界ランク40位で大坂なおみさんが、

 

ニューカマー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)
に選ばれたことを発表しました。
この賞を受賞したのは日本勢で初めてとのこと。

 

世界ランキングでは、シーズン開始の144位から40位まで上げ、
現在は日本勢で土居美咲選手に次ぐ2番手に位置しています。

 

将来の目標を尋ねたところ、「日本人として東京五輪に出たい」
と即答したそうです。
世界の上位に迫ってきていますので、次期オリンピックの候補は
間違いなさそうです。

 

大坂なおみ選手の武器は、180センチの身長を活かした
最速200キロを超えるサービスと強烈なフォアハンド。

 

男性並みなのだそうです。
錦織圭選手は最速201キロなので、錦織級ですよね。
恵まれた体格でこれからもっと強くなって欲しいですね。

 

 

まとめ

 

 

3歳で父親からテニスを教わり、姉と共に練習を重ね、
姉との試合で負けるのが悔しいとの思いからさらに練習を重ね、
大坂なおみ選手が誕生しました。

 

ハイチ出身の父親と日本人の母との間に生まれ、
スポーツをするために生まれてきたような恵まれた体格で
現在、テニスプレーヤーとしてまさに世界を圧倒させています。

 

大坂なおみ選手の今後の活躍がとても楽しみであり、
東京五輪の夢が叶うようこれからも応援していきたいと思います。