Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 45

 

卓球界の新生と呼ばれる木原美悠さん。

 

まだ若干12歳で小学校6年生なんですが、
東京五輪目指して頑張っています。

 

卓球って木原美悠さんの他にも次々と
強い選手が現れているせいもあり、いま
注目されている競技のひとつになりましたね。

 

卓球やスケートの選手が低年齢化していると
感じるのは私だけでしょうか(笑)?

 

あの福原愛選手の記録を更新しそうな勢い
卓球に励んでいる木原美悠さんについて
調べてみました。

 

Sponsored Links

 

プロフィール

 

名前:木原美悠(きはら みゆう)
出身地:兵庫県明石市
生年月日:2004年8月3日(日本卓球協会より)
身長:162cm(2016年8月)
学校:明石市立二見西小学校
所属:ALL STAR
主な戦績:全日本ホカバ4回優勝
15年東アジアホープス優勝
プレースタイル:右S裏粒前陣攻守
世界ランキング:159位(2017.1時点)

 

 

ところで右S裏粒前陣攻守って何???

 

この言葉を知っている人って卓球経験者か
卓球マニアですよね?

 

私はスポーツ観るのは好きだけど何のことなのか
良く分かりませんでしたので調べてみました。

 

「右」は右利き
「S」はシェークハンドと呼ばれるラケットの握り方。
「裏・表」はラケットに貼るラバー。
ちなみに凸凹があるのが表、平らなのが裏。
「前陣速攻」はプレースタイル。
近い順に「前陣」、「中陣」、「後陣」と呼ぶ。
卓球台に張り付くように立ち、速いピッチでショットを繰り出して、
スピードで相手を打ち負かすスタイル。
リオ五輪代表では女子の福原、伊藤美誠がこのタイプとされている。

 

 

 

この写真は福原愛選手ですが、
こんな感じなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


有名な木原3兄弟!

 

 

美悠さんにはお姉さんの茉鈴(まりん)さん、
お兄さんの翔貴(しょうき)さんがいます。

 

お姉さんは夙川高校2年の時に
兵庫県選手権ジュニアの部で優勝
3年連続インターハイ出場しているそうです。

 

そしてお兄さんは中学2年のとき近畿大会で優勝し、
全国中学校大会で8強入りを果たしています。

 

それもそのはず?

 

父親はかつての卓球選手で現在、卓球教室「ALL STAR」
を営み美悠さんも所属しています。

 

現在も父親と二人三脚で卓球の猛特訓中です。

 

それで兄弟ですが実は3人ではなく4人兄弟なんです。

 

弟はまだ幼児なのですが、その内にメディアに
現れるかも知れませんね。

 


Twitterより

 

 

 

卓球界で注目されている!

 

それで美悠さんはどれだけすごいのだろう?
って調べてみると…。

 

2015年7月、全日本選手権ホープの部で優勝

 

2015年8月、東アジアホープスの部で優勝

 

2016年には卓球 全農杯全日本選手権
ホープス・カブ・バンビの部(小6以下)
3年連続5度目の優勝をしています。

 

 

小学生にしては身長が高く、それだけの力や
体力があるのでしょうが、それにしても
強いですよね。

 

 

現在、全日本選手権の真っ最中!

 

中学1年で優勝した福原愛選手を超える
史上初の小学生制覇を目指しています。

 

インタビューで
「やっぱり優勝したい。試合の一本一本に集中したい」
戦うからには当然ですよね。
頑張って欲しいです。

 

そして今後は…。

 

「五輪に出場して金メダルをとりたいです。注目されるのは、
応援してくれているということだし、すごくうれしい。」
と語っていました。

 

 

小学生とは思えないくらい堂々としていますね。
今後の活躍が楽しみです。
頑張ってこれからも勝ち続けて欲しいですね。