Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 455

 

こんにちは。葉月です!

 

2013年、NHK朝の連続ドラマ『ごちそうさん』
でヒロインの義姉を演じたキムラ緑子さん。

 

ドラマでの意地悪振りは天下一品!
視聴者からの反響が大きく、キムラ緑子の名が
一躍有名になり、ドラマのマニアも出るほど。

 

そんな遅咲きブレイクした、キムラ緑子さんの
離婚と復縁した夫とのエピソードや娘について、
ちょっと気になる若作りについても調べてみました。

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 

本名:牧野緑子(旧姓:木村)
生年月日:1961年10月15日
出身地:兵庫県洲本市大野
血液型:O型
学歴:洲本市立加茂小学校、洲本市立青雲中学校、
兵庫県立洲本高等学校、同志社女子大学学芸部英文学科
特技:ピアノ、華道、剣道
資格:普通自動車免許
職業:女優

 

 

 

離婚と復縁のエピソード

 

夫との出会いは、緑子さんが短大時代に姉妹校の
同志社大学の演劇サークルの舞台を観に行き、
舞台作品に感銘を受けたと同時に、
マキノノゾミ氏に一目惚れ。

 

 

そしてそのサークルに入部しました。
卒業同時に実家に戻りましたが、お芝居の夢を諦めきれず、
両親に勘当されながらも、マキノノゾミ氏の立ち上げた
劇団「M.O.P」に入団します。

 

信念を貫いて自分の道を歩んで来たのですね。
自分人生を自分で選んだ素晴らしい女性なのだと、
私もファンになっちゃいました(笑)

 

1992年に劇作家のマキノ氏と結婚。
劇団の看板女優となっていました。

 

ある時、「旦那さんが演出家なんたから良い仕事が来るのよ」
と陰口を叩かれたことに腹を立てて離婚したそうです。

 

結構、過激な一面もあるんだなぁ、と驚く反面、
女優としての意地と誇りと女優に賭けた人生と…、
色んな気持ちが一度に込み上げてきて悔しかったのでしょうね。

 

決して夫と女優を天秤にかけて、女優を選んだのではなく、
自分を否定するひとのためにも、自分を貫いたのだと感じました。

 

 

ますますカッコイイですよね。

 

離婚しても毎日連絡することを条件に離婚したそうです。
夫のマキノ氏もきっと緑子さんの気持ちを
知り尽くしていたのでしょうね。

 

信頼してるからできたことなのでしょうか?

 

しかしまたある時、緑子さんが出演する舞台の地方公演の際に
飼っている猫をマキノ氏に預けた時のこと。

 

猫を迎えに行ったとき、その猫がマキノ氏になついていたのを見て、
嫉妬をしてしまい復縁したそうです。

 

感情に任せて後先を考えず行動するタイプなのでしょうか?
それにしても勢いを感じますね。
この勢いがあるから今のキムラ緑子さんが存在するのでしょうか。

 

一般的にはなかなか出来ないことだと思いますが、
夫婦の絆のようなものが一層強まったのかも知れませんね。

 

2005年に離婚し、2010年に再婚。現在に至ります。

 

 

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

娘について

 

キムラ緑子さんを検索すると、「娘」とあったので、
てっきりお子さんがいるのだと思っていましたが、
どうやら子どもはいないようです。

 

この検索ワードの娘と言うのは、キムラ緑子さんの
母親から見た緑子さんのことを表しているようでした。

 

夫と愛猫の家族だからなお、夫婦が理解し合えるのかも知れませんね。
なんだかちょっと憧れる部分がありますね。

 

 

 

 

ちょっと気になる若作り?

 

この若作りも検索ワードにあった言葉です。
若作りしているのかと期待しながら調べてみたのですが、
特別何かをしている訳でもなさそうです。

 

バラエティー番組の出演時も、マイペースさがありのままの
緑子さんを出していると思いますし、特に飾らない感じがまた
緑子さんの魅力のひとつだと思います。

 

貴婦人からおばちゃん役まで幅広く演じられるし、
今を一生懸命に生きている感じがありますので、
若作りする必要はないですよね(笑)

 

 

 

 

まとめ

 

女優になる夢を諦めず、家出までしてマキノノゾミ氏の
劇団に飛び込んだキムラ緑子さん。

 

結婚、離婚、再婚することで仕事やプライベートも見直し
、夫との絆を更に深めていったことでしょう。

 

お二人の間には、子どもはいないようですが、
それが緑子さんのスタイルなのかも知れませんね。

 

NHKの朝ドラでブレイクし、また更に仕事も増えてきたと言う
キムラ緑子さんですが、
これからの活躍がますます楽しみになってきました。