Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 535

 

こんにちは。葉月です!

 

元宝塚歌劇団の男役トップスターだった
和央ようかさん。

 

退団された後、女優となり活躍していましたが、
アメリカ合衆国の作曲家と結婚し、海外生活を
しています。

 

その和央ようかさんをクローズアップし、
彼女の性格についてや結婚相手との生活
ついて気にことを調べてみました。

 

また、世間では鼻が変だが整形しているのか
と言う疑惑もあり、併せて調べてみたいと思います。

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 


名前:和央ようか(わおようか)
出生地:東京都世田谷区
出身地:大阪府
血液型:O型
身長:175cm
職業:女優
所属:プロダクション尾木

 

 

 

 

鼻が変だが整形?

 

和央さんの鼻について、鼻が変と噂があり、
整形疑惑まであります。

 

こんな感じですが…。

 

横から見るとこんな感じです。

 

決して整った鼻のようには見えないので、
とても整形しているとは思えないのですが…。

 

単なる噂のような気がしますがいかがでしょうか?

 

真相は本人のみぞ知るって感じなのでしょうか?

 

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

性格は?

 

性格について調べてみたら、「性格悪い」
って出て来ますね。

 

舞台を仮病で降板し、代役立たずに損害が出た
ことなど、週刊誌で挙げられたそうです。

 

某番組でもイニシャルトークで悪い噂話しを
されていたようですが、明らかに和央さんと
分かったとのこと。

 

火のないところに煙は立たないのでしょうが、
元トップスターだったので、いつまでも美しい
記憶のままでいて欲しいですよね。

 

 

 

結婚相手との生活については?

 

和央ようかさんは、アメリカの作曲家
フランク・ワイルドホーン氏と結婚しました。

 

 

当時は日米両国で話題になったそうです。

 

そりゃそうでしょう。
有名な作曲家とトップスターの結婚ですから。

 

ワイルドホーン氏は、アトランタ五輪開会式や
ホイットニー・ヒューストンの曲、
ブロードウエーミュージカルの作曲家として
有名な方だったのです。

 

ブロードウエーを拠点とする彼の生活に合わせ、
和央さんも現在はNYに住んでいます

 

 

出会いは2006年の舞台。

 

和央さんの宝塚退団公演『NEVER SAY GOODBYE』
の作曲を、宝塚がワイルドホーンに依頼したことが
きっかけでした。

 

出会いは日本だけに限らないんだなぁ〜としみじみ
思いますね。

 

和央さんの退団から半年後に、「一緒に仕事がしたい」
とワイルドホーン氏から連絡があったそうです。

 

もしかして、いやぁ〜、もしかしなくても彼女にアタック
するきっかけのひとつに過ぎなかったんじゃあないかと
思うのですが…。

 

野外公演をするから見に来ない?

 

日本で公演があるときも初日に来ない?

 

打ち上げパーティも来る? 

 

楽屋や自宅にお花を届けてくれたり、手書きのカードを届けてくれたり…。

 

やっぱり押しの一手ですね(笑)  羨ましいけど…(笑)

 

 

お互いに結婚を意識するようになったのは、
ワイルドホーン氏が作ったミュージカル
『ドラキュラ』で、再び和央さんが主役を
演じたときだったそうです。

 

その後がすごい!

 

プロポーズは2人だけのホテルの部屋で、
ワイルドホーン氏が、おもむろに立ち上がって、
和央に指輪を捧げたそうです。

 

知らせていないはずなのにサイズはぴったりで、
和央さんは、その意味を受け止めて、ただひと言
「YES」と答えたそうです。

 

まるでシンデレラみたいですやん!

 

お互いに意識し合ってこのシチュエーションでNO!
とは言わないでしょう(笑)

 

3カラットのダイヤのエンゲージリングだったそうで、
確実に1千万円以上はするだろうと。

 

ここまでのストーリーを読むと生活は想像つきますよね。

 

 

連日セレブのパーティに出席、休みの日にはNYを離れ、
車で郊外に行くこともあるそうです。

 

彼は牧場も持っていて、乗馬も楽しんでいるそうです。

 

もちろん専業主婦で夫を支えているそうです。
そこ、日本人らしいですよね。

 

華やかな舞台から華やかな実生活を手に入れた感じですね。

 

 

 

まとめ

 

元宝塚歌劇団のトップスター、和央ようかさん。

 

アメリカの作曲家と結婚し、ニューヨークの豪邸に暮らし、
華やかな生活をおくいます。

 

鼻の整形疑惑や性格の悪さについて、メディアやネット上で
語られていますが、どちらも人がどのように捉えるかですよね。

 

私はそんなことより、シンデレラかドラマのような出来事が
実際に起こっている事に、ただただ羨ましいだけでした。

 

これからも夫を支える素敵な奥さんであって欲しいのと、
心地よい音楽をこれからもたくさん手掛けて欲しいです。