Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 411

 

こんにちは。葉月です!

 

広島東洋カープの緒方監督夫人で昔は
グラビアアイドルだった緒方かな子さん。

 

緒方監督と言えば昨年、鈴木誠也選手を
「神ってる」と言ったことから流行語に
なったことは記憶に新しいと思います。

 

「神ってる妻」と呼ばれている緒方かな子
さんは今、個展も行う腕前の画家としても
活躍しています。

 

そんな順風満帆に見える緒方かな子さんは
病気で悩んでいた時代もあったとか。

 

画家としての緒方かな子さんと以前の病気に
ついて調べてみました。

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 

 


名前:緒方かな子
本名:緒方可奈子
生年月日:1973年3月4日
出身地:広島県広島市中区
身長:162cm
体重:48㎏
学歴:広島第一女子商業高等学校中退
堀越高等学校卒業
職業:タレント

 

元グラビアアイドルであったころは、
中条かな子として活動していました。

 

同年代以上の方は記憶にあると思いますが、
女優、歌手、パーソナリティーとしても
活躍していました。

 

23歳で当時の広島東洋カープの緒方孝市
外野手と結婚し、2女1男の母となりました。

 

今考えるとアイドルが23歳で結婚なんて、
早くに結婚したのですね。

 

昨年、緒方監督の「神ってる」の言葉が
流行語となり、緒方かな子さんも
「神ってる妻」と呼ばれてるようになりました。

 

ちなみに「神ってる」の言葉の由来は、次女と
長男が監督の前でよく使っている言葉だそうで、
監督の口からつい出てしまったようです。

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

画家に転身⁉

 

元々、趣味は絵を描くことでした。

 

2013年に第88回白日会展に入選しています。

 

白日会は、毎年春に行われる国立新美術館
での公募展で絵画部と彫刻部があります。

 

絵画の部での入選ですが、かなりの腕前
なんですね。

 

同年に画廊で個展も開催されていました。

 

 

第88回白日会展で入選した「余暇の楽しみ」
です。自画像なのだそうです。

 

「Replay」高校一年生だった頃の
長女・佑奈さんがモデルとなってます。

 

「絵画教室」

 

「将」

 

 

このように子どもたちをモデルに
描かれています。

 

緒方監督は???

 

ここにいますよ~↓↓↓

 

 

 

病気で悩んだ時代があった!

 

緒方かな子さんは長男である将孝くんを
出産した後くらいから原因不明の不整脈
に悩まされていました。

 

1分間に200を超える異常な脈拍に、命の
危険も感じていたそうです。

 

2011年に足の付け根からカテーテルを入れ、
心臓の不整脈の原因である部位を高周波電流
で焼き切る手術に挑みました。

 

心臓カテーテル事態にも危険なリスクがあり
ますが、命には代えられないですよね。

 

手術後はウソみたいに元気になったそうです。
健康を取り戻したことに涙が出ましたと
インタビューに答えていました。

 

健康であることの有難味って普段健康な人には
なかなか実感として湧かないですもんね。

 

これからも健康で神ってる妻として、監督を
支える妻や画家の緒方かな子さんであって
欲しいですね。

 

 

まとめ

 

広島東洋カープの緒方監督夫人の緒方かな子さん。
結婚前はグラビアアイドルをしており、今は
タレントや絵画を描きながら監督を支える神ってる
妻として活躍されています。

 

一時期は病気に悩まされていましたが、手術で
健康を取り戻しました。

 

これからも監督を支え続け、広島カープを
優勝に導く神ってる妻を発揮してほしいと
願っています。