Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 356

 

こんにちは。葉月です!

 

今秋、NHK朝の連続ドラマ小説『わろてんか』
のモデルとなっている吉本せいさん。

 

浪費家の夫病気で早世した息子について、
調べてみました。

 

その息子には一人娘、つまり吉本せいさんの
が一人存在しますので、併せて調べてみました。

 

 

吉本せい『わろてんか』の生涯と死因は?通天閣を買収⁈
葵わかな『わろてんか』の本名や経歴は?スカッとジャパンにも!

 

Sponsored Links

 

 

 

吉本せいプロフィール

 

 


生誕:1889年12月5日
死没:1950年3月14日
職業:吉本興業創業者

 

兵庫県明石市で米穀商の三女として生まれた。

 

20歳で大阪の荒物問屋「箸吉(はしよし)」の
息子の吉本吉兵衛(通称:吉本泰三)と結婚。

 

泰三との間に子ども8人(女6人、男2人)が生まれ
ていますが、うち5人は早世しています。

 

 

 

夫の吉本泰三ってどんな人物?

 

吉本吉兵衛(通称:泰三)は1986年12月5日に大阪の
荒物問屋の二男として生まれています。

 

吉本せいと結婚しますが、芸事が大好きで、
芸人を連れて剣舞に興じて留守にしてばかり。

 

寄席に夢中で散財してしまい明治44年に5代続いた
商店も倒産してしまいました。

 

浮気者でもあったそうです。

 

妻のせいの勧めで第二文芸館という演芸場の買収
しました。

 

しかし、商才があったのは泰三の方ではなく、
妻のせいの方だったようです。

 

実際に買収に行ったのは泰三ではなく妻のせい
でした。

 

やがて興行が軌道に乗ると泰三は心筋梗塞
急死してしまいました。

 

こうやって泰三の生涯をみると、ただの道楽な
人物にしか映りませんよね(笑)

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

息子の吉本泰典(穎右)ってどんな人物?

 

吉本泰典(穎右に改名)は泰三とせいとの間の
二男として生まれています。

 

吉本せいは若くして夫を亡くしているせいもあり、
息子の穎右(えいすけ)を溺愛していました。

 

元々病弱な穎右でしたが、「ブギの女王」として
一世を風靡した歌手の笠置シズ子と恋に落ちます。

 

 

笠置シズ子が身ごもっても、せいは結婚を頑として
認めなかったそうです。

 

穎右は許されぬまま24歳の若さで死去しました。

 

吉本せいはその落胆から、1950年に60年の生涯を
閉じたとも言われています。

 

 

 

孫が存在していた!

 

吉本せいが結婚に反対していた息子の穎右笠置シズ子
との間に亀井エイ子という名の孫がいます。

 

穎右は結婚せずして亡くなっているので実際に孫と
対面しているのかは謎です。

 

吉本せいが亡くなったのち、吉本興業の社長は、せいの
実の弟他、歴代社長は親族で行っていましたが、現在は
親類以外の人物が社長となっています。

 

吉本せいの孫娘である亀井エイ子さんは吉本興業には
関わっていないようです。

 

 

 

まとめ

 

今秋から始まるNHK朝ドラ『わろてんか』のモデル
の吉本せいの夫・吉本泰三と息子の吉本穎右はどんな
人物なのかをしらべてみました。

 

吉本せいの子どもたちの早世や夫の急死、そして溺愛
していた二男の穎右の結婚を認めないまま穎右にも
先立たれています。

 

穎右には一人娘がいました。もし吉本せいが穎右の
結婚を認めていたら、吉本興業の歴史もまた変わって
いたかも知れませんね。