Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 51

 

こんにちは。葉月です!

 

『情熱大陸』出演の俳優・吉田鋼太郎さん。

 

NHKの朝ドラ『花子とアン』で仲間由紀恵さん
の夫役で福岡の炭鉱王を演じていたことはまだ
記憶に新しいことと思います。

 

そんな吉田鋼太郎さん、実は銀座のママと4度目
の結婚をしています。

 

過去には嫁と子どもに逃げられた経験もあるとか。

 

名俳優である吉田鋼太郎さんの結婚と離婚につい
て調査してみました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィール

 


名前:吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)
生年月日:1959年1月14日(58歳)
出身地:東京都
身長:170cm
体重:68㎏
血液型:B型
学歴:上智大学中退
特技:大阪弁
職業:俳優・演出家
所属劇団:劇団AUN
事務所:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー

 

高校生の時、劇団雲のシェイクスピア喜劇を観て
役者を志し、大学進学し、在学中に初舞台を踏み
ますが、大学を中退しています。

 

劇団四季をはじめ、いくつかの劇団を経て1997年
に演出家の栗田芳宏氏と共に劇団AUNを結成、そ
こでは演出も手掛けています。

 

演出家の蜷川幸雄氏が手がけた作品の常連出演者
であり、蜷川作品への演出が多かった藤原竜也さん
や小栗旬さんとは親交が深いそうです。

 

吉田鋼太郎さんは『半沢直樹』で有名となり、
『花子とアン』でさらにその名を広めました。

 

 

 

銀座のママと4度目の結婚!

 

吉田鋼太郎さんは、2016年1月1日に一般人女性
と結婚しました。

 

結婚しておめでたいはずなのにこの写真しか
見つかりませんでした(泣)↓ ↓ ↓

 

知り合いに誘われたパーティーで出会って吉田
さんが一目惚れをしたそうです。

 

その一目惚れしたお相手の方が、銀座の高級クラブ
のママでした。

 

22歳年下の34歳で、6~7年前から六本木のホステス
として働き、2年半ほど前から銀座の店に移っています。

 

かなりお綺麗な方なのでしょうね。

 

吉田さんは、奥さんである銀座のママを落とすため
に何度もお店に通い、お店から藤原竜也さんや
小栗旬さんに電話をし「いつものところに来い!」
と呼び出しもしていたそうです。

 

知り合ってから4か月のスピード結婚となりましたが、
結婚に至るまでには、自宅からポルシェに乗って
出掛ける二人が目撃され、近所の住人からは同棲して
いるとの声も上がっていました。

 

4度目の結婚にはさすがに躊躇していましたそうです。
しかし最近は仕事も順調になり、収入面でも安定した
ことが決意を後押ししたようです。

 

バツ4にはなって欲しくないですね。
この幸せがいつまでも続きますように…。

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

逃げられた経験もあり!

 

吉田鋼太郎さんは、「バツ3」と言われていますが、
1回目は結婚寸前で入籍はせず別れたそうです。

 

なので実質はバツ2なんですよね。

 

2回目は、奥さんとの間には息子さんがいました。
突然逃げられちゃったのでした。
その時のことをコメントしています。

 

「じつは、前の奥さんとの間に息子がいて、彼が
2歳半くらいのときにすごくかわいい時期があっ
たんですよ。

 

片言でしゃべり始め、歩いてイタズラとかやり始めて。
でもある日、家に帰ったら誰もいないんですよ。

 

彼のおもちゃとか小さいタンスとかも全部ない。
とっさに『逃げたんだな!』って感じました。
そのときはショックでしたね」

 

まるで『花子とアン』で伝助が奥さんに逃げられた
時と同じですよね。

 

 

酒や女癖が悪かったそうです。
同じ失敗を繰り返していたようですね。

 

結婚と離婚を繰り返し、今年4回目の結婚をした
吉田さんですが、その7か月前までは、同じマンション
で安蘭けいさんと同棲していました。

 

プロポーズも済ませ、まさに結婚目前でしたが、
同棲を解消していました。

 

恋多き男性ですよね~。
この破局もお酒と女性問題だったのでしょうか?

 

なぜこれだけモテるのか?
個性を口説くのが上手なのか?
聞いてみたいところです(笑)

 

 

 

 

まとめ

 

『情熱大陸』に吉田鋼太郎さんが出演しますね。

 

知名度が上がってからは多忙な毎日を過ごされている
吉田鋼太郎さんですが、私生活では4度目の結婚を
したことでも知られています。

 

一目惚れをして口説いては見たものの、結婚には
迷いがあったという吉田さん、今度はバツ4とは
ならないようお幸せに過ごして欲しいですね。