Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 443


出典:乳がんINFOナビ

 

こんにちは。葉月です!

 

情熱大陸に出演の公益財団法人
がん研究会有明病院乳腺センター
センター長の大野真司医師に注目
しました。

 

大野医師は乳がん治療において数々
の実績を持つ全国屈指の名医です。

 

乳がん専門医である大野真司医師の
経歴評判、また年収家族につい
ても調べてみました。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

プロフィールと経歴

 

1958年福岡県生まれの58歳です。

 

【経歴】

1984年 九州大学医学部 卒業
1989年 米国テキサス大学臨床腫瘍学研究員
1993年 九州大学病院助手
1997年 九州大学病院併任講師
2000年 九州がんセンター乳腺科部長
2012年 九州がんセンター臨床腫瘍研究部長
2014年 九州がんセンター臨床研究センター長
2015年4月 がん研究会有明病院 乳腺センター長

 

大学卒業後は渡米し、研究に携わっていますが、
帰国して後は九州で働いています。

 

九州大学病院では食道がんを専門に診療して
いましたが、九州がんセンターに移ってから
乳腺科の担当となりました。

 

現在のがん研究会有明病院は東京都に位置し、
院長補佐として就任していますので出世して
いることがわかりますね。

 

 

医師としての評判は?

 

大野医師は年間1000件以上という手術症例数
を持っています。

 

乳腺センターだけあって乳腺を専門としてい
るので全国から患者さんが集まってくるのは
当然と思われます。

 

そんな専門性の高い病院の院長補佐として迎
えられているので、乳腺専門医師としてかな
り高い評価を受けていることでしょう。

 

またがん治療は体の治療だけではなく、患者
さんの不安にも付き合っていかなければいけ
ません。

 

そのことに関して、大野医師へのインタビュー
記事があります。

 

よく「頭が真っ白になる」と言いますが、「医
療者が真っ白にさせているのだ」ということに
気づきました。コミュニケーションが欠けてい
たら患者さんの不安を解消できないのだと実感
したのが、2001年3月のことでした。
出典:乳がんINFOナビ

 

多くの患者数を抱え多忙な中、患者さんひとり
ひとりと向き合っていくことは、なかなか難し
いことと思います。

 

でも向き合うことで患者さんにとっては、この
先生に「お任せします」って信頼がそこに生ま
れてくるのだと思います。

 

ただ単に腕利きの医師ではなく、実績のみを重ん
じる訳でもなく、人間と向き合っているんだと感
じさせられました。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

大野医師の年収は?

 

 

大野医師は現在58歳でかなりのキャリアを
積まれています。

 

厚生労働省賃金基本統計調査によりますと、
外科医の平均年収は1159万円になります。

 

この数字はあくまでも平均年収です。

 

求人から外科医の年収を見てみると
外科医長:2000~2500万円

 

殆どの時間を病院で、しかもかなりハードに
過ごしている医師にとって、この年収は少ない
のではと思ってしまいました。

 

 

 

家族とのかかわり

 

大野医師は2015年4月、九州から東京の
病院に移りました。

 

大野医師は、忙しい中でも離れて暮らす
家族に頻繁にLINEを送るなど良いお父さ
んとしての一面を見せているそうです。

 

「離れて暮らす家族」とありますので、
恐らく単身赴任で上京されたのでしょう。

 

「良いお父さんとしての一面」は、大野
医師の年齢が58歳なので、年齢的に考え
て孫がいてもおかしくないと思うのです
が、まだお子さんはまだ学生さんくらい
の年齢なのでしょうか?

 

大野医師も含めて、ご家族は一般の方々
なので情報はかなり乏しいですね。

 

大野医師はがん治療の第一線で働く医師だ
からこそ、ご家族が心の支えなのかも知れ
ませんね。

 

 

 

まとめ

 

今回は情熱大陸に出場した乳腺専門の大野
真司医師に注目しました。

 

乳腺外科の名医として全国に名前が知られる
事となり、今後は更に大野医師を頼って受診
する患者さんが増えることでしょう。

 

多忙な中でも患者さんと向き合える医師はそ
うそういないと思います。

 

こんなドクターが身近に居たらと思ってしま
いますね。