Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 425

 

 

 

こんにちは。葉月です!

 

今回は、情熱大陸に出演の

吉原義人さんに注目したいと

思います。

 

吉原さんは、日本刀作りでは

世界的に高く評価される

刀鍛冶です。

 

 

数多くの受賞もされている

吉原さんですが、吉原義人作の

日本刀の販売場所値段について、

 

また吉原さん自身の経歴家族

についても調べてみました。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 

名前:吉原義人(よしはら よしんど)
生年月日:1943年2月21日(74歳)
出身地:東京都葛飾区
職業:刀鍛冶/日本刀鍛錬道場代表

 

12~13歳より弟と共に初代刀鍛冶の

祖父・国家(くにいえ)氏より

刀作りの手ほどきを受け、

1965年に文化庁認定刀匠となりました。

 

現在は、6人の弟子を育てながら、

30年に渡り海外に日本刀の魅力を

発信し続けています。



 

 

日本刀の販売場所や値段は?

 

吉原さんが作る日本刀は、

注文の内容によって違いますが、

300〜400万円します。

 

注文から納品まで半年から一年。

凝るものだと納品に2年かかるのだそう。

 

かなり手間暇かけて作られていますので、

芸術品と言えるのだろうし、値段も決し

て高くないのでしょうね。

 

 

吉原義人さんさくの日本刀はネットで

も販売しています。

 

つるぎの屋

http://www.tsuruginoya.com/mn1_3/mn3_5_1.html

 

平成名刀会

http://heiseimeitokai.com/katana/?p=300

 

ご興味のある方は一度覗いてみてはいか

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

 

経歴について

 

「日本刀は芸術品」と自身で語るほど

吉原さんは受賞歴を持っています。

 

1965年、文化庁認定刀匠
1972年、高松宮賞はじめ連続上位の特賞を総嘗
1982年、無鑑査認定
日本刀剣保存協会新作名刀展審査委員
日本職人名工会殿堂名匠

 

無鑑査認定と言うのは、文部省の

鑑定なしで刀鍛冶の認定が可能な

希少な認定資格のことを言います。

 

経歴のほか、実績としては、

伊勢神宮の御神刀(20年に一度の

勲章)の指名を3度受けています。

 

また世界3大美術館のひとつである、

メトロポリタン美術館や、

ボストン美術館が、吉原さんの作刀を

買い上げ展示しています。

 

刀匠として唯一だそうで、

とっても名誉あることですよね。

 

そしてどんな経緯でなのか、

テキサス州ダラス市名誉市民

にもなりました。

 

日本刀は日本の芸術作品ではなく

世界の芸術作品だったのですね。

 

とても素晴らしいことだと

改めて感じます。

 

 

 

家族について

 

吉原氏には奥さんと息子さんがおり、

息子さんの吉原儀一さんは、

18歳から修行を始めた刀鍛冶です。

 

若手の中でも抜きん出た天才と言われ、

無鑑査となって父親と同じ土俵に

立っています。

 

後継者が出来て、しかも天才と

呼ばれているほどなので、

職人が途絶える心配もなく

日本刀作りに打ち込めそうですね。

 


出典:http://www.meikoukai.com/contents/town/06/6_28/

 

 

 

まとめ

 

今回は、刀鍛冶の吉原義人さんに

注目してみました。

 

作品作りに長い期間手間暇かけて、

出来上がる日本刀は、まさに芸術

作品です。

 

世界が注目するこの伝統的芸術が

後世もずっと引き継がれていくこ

とでしょう。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。