Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 335

 

こんにちは。葉月です!

 

今回は、深刻なドライバー不足の解消を

目指す「ロボネコヤマト」に注目して

みました。

 

ロボネコヤマトの配達地域や価格につい

て、また、実証実験について調べてみま

した。

 

 

 

Sponsored Links

 

 

ロボネコヤマトとは?

 

ロボネコヤマトとは、

クロネコヤマトのヤマト運輸とDeNAが

共同でおこなう、自動運転で荷物を届け

るシステムのことです。

 

深刻なドライバー不足の対応策なのです

が、ITの時代もここまで来たか!

って思いますよね。

 

このロボネコヤマトが普及すると、

逆にドライバーは仕事を失うのでは

との懸念も言われています。

 

実際はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

配達地域や実証実験は?

 

現在は実証実験段階なので、

日本全国ではなく、

国家戦略特区の神奈川県藤沢市の

一部エリアで開始することに。

 

対象エリアは、

藤沢市の鵠沼海岸1~7丁目、

辻堂東海岸1~4丁目、

本鵠沼1~5丁目で、

約3万人(1万2000世帯)が

サービスを利用できるのだそう。

 

実施期間は4月17日から

2018年3月31日まで。

 

とりあえず1年間はこの自動運転車が

見られるようですが、

話しのネタにも一度はサービスを受けて

みたいですよね。

 

でも今回の実証実験は、

ドライバーによる有人運転で荷物を届

け、荷物は顧客が車両から取り出すこと

を想定しているとのこと。

 

システムが浸透するまでに、

時間がかかりそうですね。

 

 

サービスの方法はふたつ。

1つ目は、「ロボネコデリバリー」とい

い、10分刻みで配達時間帯を指定して

荷物を受け取れるオンデマンド配送サー

ビスです。

 

対象エリア内であれば、自宅以外の場所

でも受け取りが可能!

冷凍や冷蔵商品にも対応!

 

荷物が到着する3分前にスマートフォン

に自動音声で通知してくれるので便利で

すね。

配達対応時間は8~21時と割と遅い時間

まで対応してくれるから、

再配達が減るのでは?

 

 

2つ目は、「ロボネコストア」といっ

て、複数の地元商店の商品をネットで

一括購入し、自宅まで運んでもらえる買

物代行サービスです。

 

冷凍や冷蔵も対応しているので、夏も安

心して利用できそうですね。

 

このシステムが浸透し、慣れたら便利か

も知れませんね。

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

価格について

 

「ロボネコストア」の利用料金は、

注文総額が3000円未満の場合324円

3000円以上の場合は無料となります。

 

食料などは、数日分をまとめ買いすると

 

直ぐに3000円になるので、利用者が増

えそうですね。

 

 

まとめ

今回は、「ロボネコヤマト」に注目してみました。

宅配までITが参入する時代になりました。

 

実証実験の段階でまだ改善すべき点も出そうですが、

より良いサービスが期待出来そうですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。