Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 526

 

こんにちは。葉月です!

 

今回は、その昔、歌手から

セクシーソングの女王となった

畑中葉子さんについてです。

 

現在は太ったとの噂もありますが

本当なのか?

娘が不登校に?

平尾昌晃との関係は?

に注目してみたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


名前:畑中葉子
生年月日:1959年4月21日(58歳)
出身地:東京都八丈町
血液型:A型
身長:154cm
スリーサイズ:B83 -W60-H87
出身校:日本大学櫻丘高等学校卒業
趣味:映画鑑賞、絵画鑑賞、昼寝
職業:歌手、女優
所属:フリーで活動

 

1978年、平尾昌晃さんと

カナダからの手紙』でデビューし、

一躍トップアイドルになりました。

 

しかし、19歳で若手作曲家と恋に落ち

電撃結婚し、歌手活動は休止していま

した。

 

アイドルより結婚を選んだのですね。

 

若さゆえ…、結婚生活は2年も続かず

離婚しています。

 

その後は再び芸能界に戻るもセクシー

路線で売り出すことを提案され、

新たなジャンルに挑戦した曲が、

後(うしろ)から前から」でした。

 

今では知る人ぞ知る曲なのかも知れ

ませんね。

 

 

当時の畑中葉子さんはセクシー路線

のイメージが定着していました。

 

1991年1月には一般男性と再婚し、

同年10月に女児、1993年に男児を

出産しています。

 

 

 

現在太った?

 

デビュー当人の畑中葉子さんは、

顔が丸い印象でポッチャリした感じが

ありました。

 

 

CDではなくレコードの時代ですね(笑)

 

現在は太ったという説は本当なので

しょうか?

 

 

53歳の時の画像だそうです。

二重顎が気になりますね。

 

そして現在の畑中葉子さんです。

 

太ったというよりすっかり老け

ちゃったって印象ですね。

 

でも貫禄のようなものを感じますね。

 

現在は、ライブを中心に活動をして

います。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

娘が不登校に?

 

畑中葉子さんが31歳で再婚し、

その年に女児を出産していますが、

その女の子も現在は25歳になります。

 

中学1年生の時、学校のカウンセラー

からの連絡で、風邪薬を大量に飲む

と言った衝撃的な言葉を告げられま

した。

 

その時についてこのように語ってい

ます。

 

「長い間、娘は無理をしていたことに、

私は気づいてなかったんです。振り返っ

てみると、娘は幼稚園に行きたがらない

し、小学校も校門までは行くんですが、

入れなくて、叱って無理やり中に連れて

行くことがあった。娘の資質に気づいて

なかったんですね」

出典:http://www.jprime.jp/articles/-/5032#fb_comment_area

 

 

その年の夏から不登校が始まり、

不安な毎日を過ごしている内に、

円形脱毛症になったり、めまいで

倒れることもあったのだそうです。

 

何だか畑中葉子さんの人生のドラマ

って衝撃的なことの繰り返しのよう

に思えてきました。

 

 

平尾昌晃との関係は?

 

平尾昌晃さんとの出会いは、

「平尾昌晃 ミュージックスクール」

でした。

 

歌手への夢をもった畑中葉子さんが

スクールに応募したことから始まり

ました。

 

畑中葉子さんのデビューに当時の

プロダクションが、畑中葉子さん

ひとりなら誰も知らないが、

平尾昌晃さんとのデュエットならいい

と乗り気だったそうです。

 

「1年ならいいよ」と期限を設けて

渋々引き受けたのだそうです。

 

そして1年の期間が過ぎ、畑中葉子

さんは若手作曲家と結婚してしまい

ました。

 

恋に落ちたら周りが見えなくなって

いたようで、その若手作曲家さんに

ゾッコンだったそうです。

 

平尾昌晃さんとはスクールの先生と

生徒、一緒にステージに立っただけ

の関係だったようですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、畑中葉子さんに注目

してみました。

 

平尾昌晃さんとのデュエットで

ブレイクした畑中さんがなぜテレビ

から姿を現さなくなったのか、

って思っていた人もいたことでしょう。

 

自分の人生を自分で歩んでいるという

印象が強かったと思います。

 

現在はフリーで活動していますが、

もう一度テレビで活躍して欲しいですね。

 

最後までよんでいただき

ありがとうございました。