Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 511


出典:https://www.cinematoday.jp/page/N0020639

 

こんにちは。葉月です!

 

今回は、美のカリスマである杉本彩

さんに注目してみたいと思います。

 

杉本彩さんの「スレンダーな体や美の

秘訣は?」「現在は実業家?」

家庭崩壊していた!」について調べて

みたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

プロフィール

 


名前:杉本彩(すぎもと あや)
本名:松山基栄(まつやま もとえ)
生年月日:1968年7月19日(48歳)
出身地:京都府京都市東山区祇園
血液型:AB型
身長:168cm
体重:55㎏
スリーサイズ:B88-W63-H88
出身校:京都府立北稜高等学校中退
特技:ダンス
職業:タレント、女優、グラビアアイドル、
歌手、ダンサー、小説家、実業家、
動物愛護活動家、
公益法人動物環境・福祉協会Eva理事長
所属:株式会社オフィス彩(代表取締役)

 

 

美の秘訣は?

 

杉本彩さんは、美肌だけではなく

いろんな角度から美を追求してい

ます。

 

【スキンケア】

・朝は洗顔し、化粧水を3回つける。
(化粧水を肌に浸透させるため)

・夜はクレンジングで化粧を落として
化粧水を付ける。
首にも付け上下に摩るマッサージ
を行っています。

 


出典:http://lalalucuu.seesaa.net/
【日焼け対策】

杉本さん自身は、日焼け止めは好ま

ないので使ってはおらず、サプリメ

ントで対応しているとのこと。

【バスタイムの過ごし方】

2日に1回は湯船に入る。

体は洗い過ぎると、皮脂が奪われて

肌がカサカサするので、低刺激の

ボディーソープを使いながら擦り過

ぎないようにしている。

 

【体型を保つ】

30代はアスリート並みに辛いエク

ササイズに頑張った。

 

40代は30代の時より穏やかにエク

ササイズを行っている。

 

【女性ホルモン】

「美を保つためには女性ホルモンが

大切」

「女性にとって男性は最高のサプリ

メント、素敵な男性に勝るサプリは

無いですね。」

「そんなサプリを死ぬまで栄養補給

して行きたいですね。」

 

美の秘訣ってお肌だけではなく、

体の内側にも気を遣っていること

がよくわかりますよね。

 

当たり前なのかも知れませんが、

美しさは努力して得るものなの

でしょうね。

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

 

現在は実業家?

 

杉本彩さんは、現在、

株式会社オフィス彩という芸能プロ

ダクションの代表取締役の他、化粧

品やサプリメントなどを扱う、株式

会社リベラルライフ・クリエーション

のプロデューサーも行っています。

 

 

ちなみに再婚した現在の夫は、

オフィス彩で副社長を務める方なのだ

そうです。

 

現在の化粧品会社を設立する以前にも

化粧品会社「アンデスティノ」を経営

していましたが、役員だった実妹夫婦

と経営方針をめぐり激しく対立した

結果、経営権を妹に譲り、その1年後

に会社は倒産しています。

 

 

 

家庭崩壊していた!

 

父親が知り合いの借金の保証人に

なったことから始まっています。

 

その知り合いは失踪し、悪徳金融業者

はの連日の催促と、家の差し押さえ

などで家庭の経済状況はひっ迫して

いました。

 

母親は父親に愛想をつかし、新しい恋人

に走り家庭崩壊となったそうです。

 

杉本彩さん自身も精神的に追い詰められ、

15歳の時に刃物で手首を切り、自殺を

図っています。

 

 

その後に自立するため、芸能界入りし

ています。

 

妹との確執は上述の通りで、自身の

ブログでも長文で記されていました。

 

妹と暮らしている母親も妹側に付い

てしまっており、和解せぬまま経過

しています。

 

杉本彩さんの一番の見方は夫のよう

ですね。

 

親子や兄弟など親族との確執は杉本

家に限らずですが、いずれにしても

お金が絡んでのことなのでしょうね。

 

他人の借金を背負うのは不幸だとは

思いますが、お金を持っていても、

あたかも幸せとは言い切れないとこ

ろが辛いですよね。

 

 

まとめ

 

今回は、実業家として活躍している

杉本彩さんに注目してみました。

 

壮絶な人生を歩んでこられたようで

したね。

 

どんなことがあっても自分を貫き通

している杉本彩さんは、きっと夫の

存在があってこそ強く生きて来れた

のかなと感じさせられました。

 

 

これからは心穏やかに過ごせたら

いいですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。