Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 521

 

こんにちは。葉月です!

 

今回はウルトラマン最新シリーズ、

ウルトラマンジード」に最年少

で16歳の濱田龍臣さんが抜てきされ

たことで話題となっています。

 

現在は高校2年生の濱田龍臣さんで

すが、子役でデビューし、成長した

今、俳優の古川雄輝さんに似ていて

間違われるとか。

 

そして昨年の映画で女装をしたこと

も注目されたのだそうです。

 

また濱田さんには14歳年下のがいる

とのことで、それらに注目しまとめて

みました。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


名前:濱田龍臣(はまだ たつおみ)
生年月日:2000年8月27日(16歳)
出身地:千葉県
血液型:A型
身長:175cm
趣味:レゴ集め、将棋
特技:サッカー
職業:俳優
所属:テイクオフ/フォースプリングス

 

2006年、6歳の時に子役でデビュー。

 

NHK大河ドラマ『龍馬伝』で坂本龍馬

の幼少役を、また実写版『怪物くん

で市川ヒロシ役を演じ注目されました。

 

お気に入りグッズのひとつに将棋が

あり、父親から教えてもらったのだそう

です。

 

学校と仕事で多忙な中で、家族との

時間も大切にしている、ほのぼの家族

のようですね。

 

好きな食べ物はマグロの赤身で中でも

インドマグロが一番の好物なのだとか。

 

日本テレビ『おしゃれイズム』の番組

で、藤木直人さんとマグロの競りを

見学し、完全防寒をしてマイナス55℃の

マグロの冷凍庫に突入しましたが寒くて

髪の毛が白髪のようになったという

エピソードもありました(笑)

 

仕事とはいえ、他の同級生もなかなか

体験できないことが出来るのはいいですね。

 

 

 

古川雄輝と似ている

 

子役から今ではすっかり成長し、

イケメンになった濱田龍臣さんは

現在16歳となりました。

 

俳優の古川雄輝さんと似ていて

間違われると噂があります。

 

どちらかと言うと、古川雄輝さんが

濱田龍臣さんと間違われるのだそう

ですが…。

 

古川雄輝さんは現在29歳。

 

年齢差こそあれ、古川さんは童顔なの

で、濱田さんと並ぶと年齢が近く見られ

るのでしょうね。

 

 

左は濱田龍臣さん、右は古川雄輝さんです。

 

ファンの方なら問題なくどっちがどっちか

分かると思いますが、私から見ると二人並

べて違いは分かっても、画像を別々に出さ

れると分からないかも(笑)

 

 

古川雄輝さんの方が、街中を歩いている

時に間違われるそうで、それもちょっと

辛いですよね。

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

女装が似合う?

 

濱田さんは、2016年9月に公開された

映画『ハイヒール革命』で、少年時代

の真境名ナツキ 役を演じました。

 

男性として生まれた真境名が「性の壁」

を乗り越えて女性に生まれ変わり、

「本当の自分」を勝ち取っていくさまを

描く物語で、濱田さんは劇中で女装を

しています。

 

 

 

ちょっと可愛すぎる~(笑)

 

似合ってるって言ってよいのか…?

でもやっぱり似合ってる~(笑)

 

イケメンだけど中性的な感じが

女子にモテるのでしょうね。

 

この女装姿に男性ファンも増えたり

して…。

 

 

 

 

弟について

 

濱田さんには14歳年下います。

と言うことは現在2歳!

 

抱っこしてると弟と言うより、早くも

10代でパパになったって思われちゃう

かも知れませんね。

 

ネット上では両親の離婚で龍臣さんは

母親に引き取られ、母親が再婚して

生まれた子どもが14歳年下の弟という

噂になっていますが、明らかなことは

誰も分かっていないようなので、その

話しは横に置いといた方が良いですね。

 

弟君の名前は、同じ龍の字を使って

龍也」くんと公開されています。

 


出典:https://pbs.twimg.com

 

 

 

まとめ

 

今回は、ウルトラマンシリーズに

最年少で抜擢された濱田龍臣さん

に注目していました。

 

子役からすっかりお兄さんへと成長

し、イケメンとなったのに女装姿も

かわいいという濱田さん。

 

いろんな一面が見られて調べていて

おもしろかったです。

 

本人のお気に入りグッズに、実は

ウルトラマングッズもあって、今回の

抜てきはすごく嬉しかったことと

思います。

 

活躍が楽しみですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。