Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 459


出典:http://www.jma-sangaku.or.jp/news/2016/09/tomoan-winner.html

 

こんにちは。葉月です!

 

今回はボルダリングの楢崎智亜さん

に注目したいと思います。

 

鍛え上げられた筋肉画像を見てい

るとまるで筋肉モデルのように発達

しています。

 

その発達した筋肉(特に背中)や

体脂肪はいくらなのか、出身高校

大学はどこなのかについて調べてみ

ました。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


名前:楢崎智亜(ならさき ともあ)
生年月日:1996年6月22日(20歳)
出身地:栃木県宇都宮市
身長:170cm
体重:60㎏
職業:プロフリークライマー
所属: TEAM au

 

楢崎智亜さんにはお兄さんがいて、

10歳の頃、そのお兄さんの影響で

近くのクライミングジムに通い始

め高校卒業後にプロ宣言しました。

 

その後2年で世界王者に登り詰め

ました。

 


出典:http://irodori-terrace.com/athletelibrary/2930/

 

楢崎智亜さんの成績です。

 

  • 日本選手権リード競技大会 2位 (2017)
  • THE NORTH FACE CUP Men’s Division1 優勝 (2017)
  • クライミング世界選手権パリ2016大会 優勝 (2016)
  • クライミング・ワールドカップ 2016 (競技種別:ボルダリング) (2016)
    • ミュンヘン大会 優勝
    • ベイル大会 2位
    • インスブルック大会 2位
    • ナビムンバイ大会 2位
    • 重慶大会 優勝
  • クライミング日本選手権 3位 (競技種別:リード) (2016)
  • 全日本クライミングユース選手権 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・日本ユース選手権 優勝 (競技種別:リード) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 優勝 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング・アジアユース選手権 プトラジャヤ大会 3位 (競技種別:スピード) (2015)
  • 第10回 ボルダリング・ジャパンカップ 3位 (競技種別:ボルダリング) (2015)
  • クライミング日本選手権 2位 (競技種別:リード) (2013)
  • 世界ユース選手権 シンガポール大会 4位 (競技種別:リード) (2012)
  • JOCジュニアオリンピックカップ 2位 (競技種別:リード) (2012)
  • JOCジュニアオリンピックカップ 3位 (競技種別:リード) (2011)
    出典:https://climbing-au.jp/cheer/narasaki.html

 

輝かし成績ですよね。

 

本当に彗星のごとく現れたって

感じがします。

 

何と言ってもまだ20歳!

 

あと3年後の東京オリンピックが

楽しみですね。

 

 

 

背中の筋肉画像や体脂肪は?

 

さすがに鍛え上げられた筋肉は、

保健体育の筋肉模型を思わせる

ようです。

 

恐るべし体脂肪が2%なのだとか。

 

身長170cmですが体重60㎏は筋肉

の重量が大きいのでしょうね。

 

 


出典:http://yamahack.com/1472

 

背中もすごいことになっていますね。

 

肩甲骨が天使の羽状態に…。

 

 

『情熱大陸』に出演されるので

楽しみです。

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

 

出身高校や大学はどこ?

 


出典:http://pinky-media.jp/I0006840

 

楢崎智亜さんは、宇都宮北高等学校

を卒業し、プロへ転向しました。

 

そのため大学進学はされていません。

 

高校時代は物理と数学が得意科目で

あったため、医学部進学も考えた

そうです。

 

恐らく高校時代に卒業後の進路で

かなり悩んだのかも知れませんね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は、プロフリークライマーの

楢崎智亜さんに注目してみました。

 

プロに転向し2年で数々の輝かしい

成績を残しています。

 

毎日鍛え上げた筋肉も素晴らしかった

ですね。

 

東京五輪での優勝を目指してこれか

らも頑張って欲しいですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。