Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 353

 

 

こんにちは。葉月です!

 

今回はうつ病から抜け出した漫画家

田中圭一さんについて、

 

うつヌケ漫画無料で⁉

精神科医の本で脱出?

 

に注目してみたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


名前:田中圭一
生年月日:1962年5月4日
出身地:大阪府枚方市
学歴:近畿大学法学部卒業
職業:会社員、漫画家
所属:株式会社BookLive

 

田中圭一さんは、サラリーマン兼漫画家

という二足のわらじを履いています。

 

出身地はあの岡田准一さんと同じひらパー

のある枚方です。

 

大学在学中で21歳の時、小池一夫劇画村塾

という漫画家養成塾に入学しています。

 

大学卒業後はあの玩具メーカーのタカラ

に就職し、約10年で退職、その後は転職

を繰り返し、現在の株式会社BookLive

で働きながら、漫画の方は継続して描き

続けています。

 

転職はうつ病も関係していたのでしょ

うか、2000年春頃から精神的不調で

投薬治療開始し、後に寛解しています。

 

2014年には自身のうつ症状を振り返っ

た作品「うつヌケ〜うつトンネルを抜

けた人たち〜」を連載しました。

 

https://twitter.com/junk_minafuna/status/860802198954885120

 

 

 

『うつヌケ』漫画が無料で⁉

 

『うつヌケ』が無料で読めると情報

があったので調べてみました。

 

「うつヌケ〜うつトンネルを抜

けた人たち〜」は、webで1~4話と

14話が無料で読めるとのことです。

 

noteトーチwebで読めますが

ログインが必要です。

 

 

興味のある方は無料の部分を読んで

みるのも良いかも知れませんね。

 

私も読んでみたいと思います。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

 

精神科医の本で脱出?

 

田中圭一さんは、うつでしんどい時期

が10年にもなった頃、コンビニで1冊

の本と出会いました。

 

自分の「うつ」を治した精神科医の

方法宮島賢也

 

 

分がなぜうつになったのかが腑に落ち

たのだそうです。

 

そしてその本に書かれていたことを

実行してみたら、わずか3週間で効果

が現れたのだとか。

 

出会いと言うのかきっかけと言うべき

なのか、10年かけてやっと長いトン

ネルから光が見えてきたのでしょうね。

 

何がきっかけになるか分かりませんね。

 

もし、その頃にコンビニに行ってなか

ったら、とか、もし一足違いでこの本

が売り切れていたら今はどうなってい

るのでしょうか?

 

うつにも色々ありますが、体験談なの

で貴重なノンフィクション漫画だと

思います。

 

 

 

まとめ

 

今回は、漫画家の田中圭一さんに

注目してみました。

 

自己の体験談を漫画にしているの

で読みやすく書かれていることと

思います。

 

今度はこの漫画をきっかけに、うつ

からのトンネルを抜ける人が増えた

良いですね。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。