Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 520

 

 

こんにちは。葉月です!

 

歌手の麻倉未稀さんも乳がんで全摘手術

を受けていることが分かり、話題となっ

ています。

 

今回は、

麻倉未稀も乳がん⁉

復帰はいつ?

夫・子供や住まいについて

注目していきたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール

 


名前:麻倉未稀(あさくら みき)
本名:高橋徳子
生年月日:1960年7月27日(56歳)
出身地:大阪府大阪市
身長:160cm
スリーサイズ:B90‐W60‐H88
職業:歌手、作詞家
所属:ミュージックアプリケーション

 

1981年、CMソング「ミスティ・トワイ

ライト」でデビューしました。

 

その後、80年代の大ヒットテレビドラマ

「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」

「スチュワーデス物語」 の主題歌

「What a feeling~FLASH DANCE」など

数々のヒットソングを出しています。

 

あの有名な番組「カラオケ★バトル芸能界

NO1決定戦」にも出演し、優勝経験もある

歌唱力で今も歌い続けています。

 

麻倉未稀も乳がん⁉

 

 

麻倉未稀さんは、テレビ番組の企画で

受診した人間ドックで乳がんが見つか

りました。

 

その番組はTBS特番で、

「名医のTHE太鼓判」(5/22放送)

だそうです。

 

その際に左乳房にしこりがあることが

分かり、再検査を受けて医師から乳が

んと診断されました。

 

約2センチの腫瘍が2つ見つかり、

医師や家族と相談の上、左乳房の全摘

手術をすることに。

 

比較的早期の発見で、現時点では転移

している様子はないとのことでした。

 

近々、左乳房全摘出の手術を受けるそ

うです。

 

早期だと自覚がないのがやはり恐ろし

いですよね。

 

麻倉未稀さんは5年間人間ドッグを受け

ていなかったため、今回番組出演依頼

が来たのだそうですが、やはり検診は

毎年受けるべきと改めて思いますね。

 

心のどこかで他人事のように考え、

「まさか自分が…」って思っている人

も少なくないと思います。

 

自分の周りに癌を患っている方がいな

くても、芸能人でこれだけ多くの方が

癌に苦しんでいるので、そろそろ自分

にも起こり得ることと考えないといけ

ませんね。

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

復帰はいつ?

 

近く手術を受け、術後はいったん静養

し、早期の復帰を目指すそうです。

 

今のところ、復帰の舞台は、7月14日

に都内で行う歌手庄野真代さんとの

ジョイントライブとなる予定なのだそ

うです。

 

 

術後の復帰がものすごく早いと感じま

すが、全摘出なので補正下着のことや、

もしリンパ郭清した場合の腕のトラブル

などもあるし、手術で摘出したことで

実際のステージも診断され、治療方針も

変わるかも知れないし…。

 

なので私的にはもう少し先になりそうな

気がするのですが…。

 

とにかく頑張って乗り越えて、また復帰

して欲しいと願うばかりですね~。

 

 

 

 

夫・子供や住まいについて

 

 

麻倉未稀さんは、2007年に再婚して

いるそうです。

 

2人は行きつけのお寿司屋さんで出会

ったそうですよ~。

 

出会いってどこにあるか分からない

ものですね。

 

本名が高橋なので、夫の苗字は高橋

さんなのでしょう。

 

麻倉未稀さんより1歳年上で、当時は

土木の現場監督をされていたようです

が体調がすぐれず一旦仕事を辞めてい

ます。

 

ご主人は2年前に心臓の人工弁に換え

る手術を行っていたとのことでした。

 

2017年1月にお二人でお伊勢さん参り

に行ったことをブログにアップして

いました。

 

ブログによると、夫の体調も良くなり、

そろそろ就活も始めることが書かれて

います。

 

お子さんはいないそうです。

 

住まいに関しては神奈川県の「藤沢市」

との噂があります。

 

ブログでも、

「このところ東京通い…湘南新宿ライン

で渋谷まで。」と書かれているので噂は

本当なのかも知れませんね。

 

それにしても電車で通っているとは意外

でした…(笑)

 

 

 

 

 

まとめ

 

今回は麻倉未稀さんに注目してみま

した。

 

乳がんと診断されたとき、夫の前で

大泣きしたそうですが、状況を思い

浮かべると胸が痛くなりますね。

 

早く回復してまたみんなの心に残る

歌を歌ってほしいと願っています。

 

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。