Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 516


出典:http://otahack.com/h-kokazuya-who/

 

こんにちは。葉月です!

 

上原多香子さんとコウカズヤさんの

深夜のデートがフライデーされたこ

とが話題となっています。

 

コウカズヤさんってどんな人物なの

か、というところから今回は、

 

コウカズヤ(元超新塾)が上原多香子

と結婚?

二人の出会いや本名は?

 

に注目してみたいと思います。

 

 

Sponsored Links

 

 

プロフィール・本名

 


名前:コウカズヤ
本名:高山和也(たかやま かずや)
生年月日:1977年6月10日(39歳)
出身地:大阪府大阪市
身長:185㎝
血液型:A型
趣味:ツーリング、筋トレ
特技:ベース
職業:脚本家、演出家、俳優、元お笑い芸人
所属:ワタナベエンターテインメント

 

コウカズヤさんは、NSC16期生であ

り、吉本興業に所属していました。

 

そして個々で活躍していた5人で

2001年10月に「超新塾」を結成し、

DRAGONタカヤマとして活躍してい

ました。

 

しかし10年後の2011年に超新塾

脱退ています。

 

その後は脚本家・演出家・俳優に転向

して「コウカズヤ」と改名し活動して

います。

 

 

 

コウカズヤ(元超新塾)が上原多香子と結婚?

 


5月26日のフライデーで上原多香子

さんと、深夜3時のデートとお泊り

愛についてスクープされました。

 

上原多香子さんは旦那であるTENN

さんの突然の自殺から3年になりま

すが、まだ記憶に新しいことと思い

ます。

 

フライデーによると、

 

深夜3時過ぎに新宿のカラオケ店から、

上原多香子さんが出てきて、後を追う

ように出てきたのは長身の男、つまり

コウカズヤさんだったとのことでした。

 

上原さんは店先に停めてあった自転車

をサッと飛び乗ったが、サドルが高く、

ペダルがこげなくて、いっこうに前に

進まず、固まっていたといいます。

 

「しょうがないな~」てな感じで男性

がハンドルをつかむと、上原さんごと、

自転車を押して歩き始めたそうです。

 

そしてその男性の肩と腕に上原はそっ

と手を回し、身体を預けていました。

 

という内容でした。

 

なんとなくシチュエーションが思い

浮かぶようですね~。

 

 

そして二人はそのまま、上原さんが

暮らしている、タワーマンションへ

入っていったそうです。

 

深夜の人通りのない時間帯の方が、

かえって人目に付きやすかったりす

るのかも知れませんね~w

 

車ではなく自転車っていうところが

また新鮮な感じがしますね。

 

結婚の発表などはありませんが、

上原さんはGWの舞台について

ブログで、

 

また素敵な仲間、家族ができました

 

と綴っています。

もちろん仕事の仲間のことを家族と

表現しているのでしょう~。

 

でもその「家族」という文字が、

とっても意味深だったりします。

 

お仕事の仲間とかなり親しくなった

ということなのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

 

二人の出会いは?

 

二人の出会いのきっかけは上原さん

の方からでした。

 

上原さんは、2016年12月、劇団

『BuzzFestTheater』の公演を観劇

し、アットホームな雰囲気に感激し

たことから『彼らと一緒にやってみ

たい』と出演を志願したのだそうで

す。

 

そして、劇団の脚本と演出を手掛け

るコウカズヤさんは、上原さんのた

めに沖縄料理屋を舞台にした作品

『光と影からの恵み』を書き下ろし、

2017年のGWに上演しました。

 

上原多香子さんは沖縄出身ですから

かなり嬉しかったことでしょうね。

 

 

上原多香子さん、いつ見てもきれいな方

ですよね~。

 

だからきっとどこにいても目立つので

しょうね~。

 

 

まとめ

 

今回は上原多香子さんと「お泊り愛」

としてスクープされ話題となった、

コウカズヤさんに注目してみました。

 

カラオケ店から一緒に帰宅するところ

なんてどう見てもラブラブな二人に

しか見えませんね~。

 

上原多香子さんも3年前の悲しみから

立ち直り、お仕事を頑張っている様子

ですので、これからはお二人と一緒に

歩んでいってほしいと密かに願って

います。

 

いま注目のお二人は、今後においても

目が離せなくなりましたね~。

 

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。