Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 539

 

 

こんにちは。葉月です!

 

昨年は「ふるさと納税」で納税をし、

お礼の品を受け取れるということか

ら納税者がかなり増加していました

ね。

 

今回は「ふるさとチョイス」を立ち

上げ、ふるさと納税ブームの火付け

役となったトラストバンク代表取締

役社長の須永珠代さんの、

 

出身大学はどこ?

結婚や学歴・年齢も調べた!

 

に注目してみたいと思います。

 

Sponsored Links

 

 

出身大学はどこ?

 

まず最初に須永珠代さんってどんな

方なのか調べてみようとトラスト

バンクのHPを開いてみたら…。

 

いきなり見つけたプロフィールに

記載されてあったのが、

出身:群馬県伊勢崎市

たったそれだけでしたー。

 

簡単すぎる(笑)

 

なのでfacebookを見てみると

東京都渋谷区在住としか(笑)

 

日経WOMANに掲載されていた

須永珠代さんの記事によりますと、

 

大学卒業後、派遣社員や
ITベンチャー勤務を経て、
2012年4月にトラストバン
クを起業。

 

学歴は大学卒業と言うことは分かりま

したが、大学名の情報は公表されて

いないようですね。

 

 

大学卒業後は新卒で入った会社に1年

で辞めてしまい、その後は塾講師、

アパレル店員、営業、コールセンター、

結婚相談所のアドバイザーなど、

10以上の派遣やアルバイトを経験

されています。

 

起業する人って色んな職業を経験し

て、それが学びとなって経験を生か

せている人多いですよね。

 

須永さんもその一人なんでしょうね。

 

 

結婚や学歴・年齢も調べた!

 

「30代で起業しよう!」と決意した

須永さんは、WEBデザインの専門学

校に通い、ITスキルを身に着けまし

た。

 

学歴は大学から更に専門学校に通った

と言うことになります。

 

考えてみればパワフルな方ですよね。

 

須永さんは30代前半で働いたベンチャー

起業の社長との出会いが人生を変えた

様です。

 

起業を志す須永さんに社長は「オレの

思考を学べ」と考え抜くことの大切さ

を学び、起業の準備のため30代半ばで

退職したものの、リーマンショックで

無職生活を経験することになりました。

 

成功の裏には良くも悪くも沢山の経験

が必要と物語っているようですね。

 

 

結局、須永さんが今の会社を立ち上げ

たのが38歳の時でした。

 

結婚はと言うと、それに関する情報は

ありませんが、手掛かりと言えば、

 

「ウートピ」というネットのインタ

ビュー記事で、

 

ベンチャー企業を退職し無職だった頃、

ひき肉とチャーハンで食いつないだ

と書かれていました。

 

FXのデイトレードでなんとか日銭を

稼ぎ、資格の勉強をして過ごしたと

されているので恐らく結婚はされて

いないように思えます。

 

それって家族の収入に頼らず自分で

生活しているってことですもんね。

 

それにしてもFXで日銭を稼げるって

いうのも凄いことだと思います。

 

初心者の私がやったらひき肉も

チャーハンも食べられなくなりそう。

 

年齢に関してのヒントは、

2012年に38歳で起業したとされて

いるので、43歳くらいと推測しまし

た。

 

これらをスマートにまとめると

ちょっとしたプロフィールになり

そうですね。

 

それにしても何が仕事になるか

分からないものです。

 

須永さんは、実家に帰省した時、

父親に買い物を頼まれた家電が、

近くの電気屋さんよりネット

ショップの方が安いからと父に

告げたところ、

 

それじゃ地元にお金が
落ちないじゃないか

 

と言うエピソードをヒントに

ふるさと納税が誕生しました。

 

やはりのほほ~~んと生きるのでは

なく、発想って起業家にとっては

大切なんだということが良く分かり

ますよね。

 

アンテナを張るとこんなチャンスが

掴めるのですね。

 

 

当時は認知度が低かったふるさと

納税でしが、「ふるさとチョイス」

のサイトを立ち上げ、自腹で自治体

に出向き、地域の魅力が伝わるよう

なお礼の品を一緒に考え、次第に

市場が盛り上がっていったのだそ

うです。

 

テレビでもあれだけふるさと納税の

話題をしていたので、今では知らな

い人は少ないのではないでしょうか?

 

まとめ

 

今回はふるさと納税の立役者である

トラストバンク代表取締役社長の

須永珠代さんに注目してみました。

 

様々な職種を転々としながら出した

答えが起業をすることでした。

 

人との出会いも彼女を大きく変えて

行ったようですが、そうした様々な

経験を積んだからこそ起業家となれ

たのかも知れませんね。

 

ふるさと納税に抱える問題や課題

なども報道されていますが、今後

の展望に注目ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとう

ございました。