Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 222

 

 

先日、100円ショップのダイソーで、

クリップを付けたまま中身が出せる

「キッチンの袋クリップ」なるものを

購入しました。

 

実際に使ってみた感想です。

 

Sponsored Links

 

 

 

16㎝の袋クリップが2本セットで

108円です。

 

パッケージの中にはこのような状態で

2本入っていて、

長さの違うものが2本入っている

と勝手に思い込んでいました(汗)

 

 

今回は黄緑色のクリップを使用し、

なかなか減らない片栗粉の袋に

装着してみました。

 

使い方は、説明されている通り、

袋を端から5㎝のところまでカットします。

 

黄緑色のヒンジ(折り返しの部位)を

袋口を超えないように装着します。

 

 

我が家ではこれまで輪ゴムを使用

していましたが、

よく見ると輪ゴムが劣化して

今にも切れてしまいそう!

 

 

 

装着したらこんな感じです。

 

 

片栗粉を使用するときは、

黄緑色と白色のクリップをそれぞれ

外側に折り返すと袋の口が開放されます。

 

ただ一つ、問題点なのですが、

片栗粉の袋に装着できましたが、

クリップが片栗粉の袋の幅を超えた分、

保管するのに邪魔になってしまいます。

 

やはりクリップのサイズに合った幅の

袋に使用する方がよさそうです。

 

スポンサードリンク

Sponsored Links


 

今回は、「キッチンの袋クリップ」

をご紹介しました。

 

このクリップは、砂糖、塩、小麦粉、

パン粉、お茶などの粉ものの保存に

とっても便利です。

 

完全密封はできませんので、液体が

入った袋には使用できません。

 

また電子レンジや冷凍庫での使用も

出来ませんのでご注意くださいね。

 

上手に使えばとっても便利なグッズに

なると思います。

 

最後まで読んで下さり

ありがとうございました。