Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 254

 

こんにちは、葉月です!

 

ホットクという韓国屋台定番のお菓子を

ご存知ですか?

 

もっちりとした生地に刻んだピーナッツと

黒糖のソースが入った甘みのあるものです。

 

屋台によって焼いているところもあれば

油で揚げているところもあります。

 

業務スーパーでは、冷凍のホットクが

販売されていますので買ってみました。

 

スポンサーリンク

 

 

これが業務スーパーの冷凍食品コーナー

で販売されているホットクという

お菓子です。

 

内容量は320g(4枚入り)、298円(税抜)

で販売されています。

 

原産国はもちろん韓国です。

 

 

調理方法は、フライパンを弱火~中火

にかけて、凍ったままのホットクを

約7分焼きます。

 

もしくはオーブントースターの場合、

予熱後に自然解凍したホットクを

1200wで約5分加熱します。

 

 

袋から出した冷凍の状態のホットクです。

 

既に焼き色が付いています。

 

直に触ると軽く手に油が付きます。

 

 

今回は、思い付きだったので

解凍しておらず、

フライパンで焼いてみました。

 

少量のパッケージには油を敷くとは

書かれていませんでしたが、

少量の油で焼きました。

 

 

中火で裏返しながら7分焼くと

少し焦げてしまいました(汗)

 

弱火でじっくり焼くべきだったか???

 

 

こんな感じで日本の「おやき」みたいです。

 

 

ちなみに半分に切ってみました。

 

中に黒糖とピーナッツのソースが

入っているのがちらっと見えますね。

 

私が韓国旅行で食べた屋台のホットクは

ソースたっぷりで、

しかも油で揚げていましたので

結構お腹にズッシリきていました。

 

でもこちらはそこまでのボリュームはなく、

おやつに1個食べるのにちょうど良いです。

 

黒糖のソースの甘さは感じますが、

ソースの量が少な目なせいかしつこくなく、

甘さもちょうど良いです。

 

ピーナッツはたまに食感があるくらいで

どちらかというと外側のもっちりとした

食感が強いです。

 

美味しくいただけたので、

これはリピートありかなと思います。

 

ホットクをまだ食べたことのない方や

甘党の方はぜひ試してみては

いかがでしょうか?

 

最後まで読んで下さり

ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク