Sponsored Links
0 min read
この記事の所要時間: 335

 

 

こんにちは、葉月です!

 

先日、テレビで観た

野菜フレッシュキーパーを

セリアで見つけましたので

早速購入して使ってみました。

 

今回は、野菜フレッシュキーパー

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

野菜フレッシュキーパーってなに?

 

 

こちらがセリアで販売されている

野菜フレッシュキーパーです。

 

野菜の成長点を壊して

野菜の成長速度を抑えることで

野菜の鮮度が長持ちするというものです。

 

画像のような白いものが2個入りで

108円で販売されています。

 

サイズは縦58㎜×横30㎜です。

 

 

適応は?

 

キャベツやレタス、白菜、ブロッコリー

など茎のある葉物野菜に使用できます。

 

 

使用方法

 

 

画像の絵のように、

野菜の茎部分に垂直に根元まで

刺した状態で保存します。

 

野菜によっては、茎の部分が硬いので

その場合は少々力が要ります。

 

怪我をしないように気を付けて

使用してくださいね。

 

野菜フレッシュキーパーを

野菜に刺したら、

 

野菜は袋もしくはラップで覆ってから

保存すると、

より鮮度が保てるそうです。

 

セリアの鮮度保持袋が

大いに活躍してくれそうですね。

 

 

使用してみた!

 

 

野菜フレッシュキーパーを

レタスの茎に刺した後、

セリアの鮮度保持袋に入れて

冷蔵庫の野菜室で1週間置いたものです。

 

刺した茎の切り口部分は、

レタスの購入時には白くて野菜から

液も出ている程フレッシュでした。

 

1週間経過すると、

茎の切り口部分は赤くなっています。

 

 

葉の部分は購入時と変わりなく

とてもきれいな状態でした。

 

普段なら1週間も置くと、

シナシナ、クタクタの状態なのに…。

 

2個入だったのでもう1つは

ブロッコリーに使用してみました。

 

 

ブロッコリーの茎はとても硬くて

私の力ではこれ以上は刺せませんでした。

 

こちらもレタスと同じ日に購入し、

同様の方法で保存、

1週間が経過したブロッコリーです。

 

 

購入時と変わりなく緑色をしていることに

驚きました。

 

これ、スゴイと思いませんか???

 

ブロッコリーは1週間も放置しておくと

黄色くなっていて美味しくないのに…。

 

この野菜フレッシュキーパーは、

使える野菜が限定されていますが、

 

キャベツやレタスなどすぐに消費

しきれない野菜を購入した場合、

活躍してくれますし、

 

野菜を無駄なく使えるので

その分、家計も助かりますね。

 

気になる方はセリアで

探してみてくださいね。

 

最後まで読んで下さり

ありがとうございました。

 

 

お料理ママの鮮度保持袋 キビッコ(140枚入)

価格:853円
(2019/5/30 11:38時点)
感想(0件)

スポンサーリンク