びわ湖花火大会2024の日程いつ?有料席チケットや見どころ/打ち上げ場所についても

イベント
【PR】本ページはプロモーションPRが含まれています。
スポンサーリンク
Sponsored Links

びわ湖花火大会が4年ぶりに開催されることになり日程も決まりました。今年は全国で花火大会が楽しめそうです。今回で37回目となるびわ湖花火大会は、約1万発の花火が打ち上がる予定です。そこで今回は、琵琶湖花火大会2023の日程、有料観覧席やチケットについて、花火の打ち上げ場所や見どころについて調べてみました。

琵琶湖花火大会2023の日程と場所

スポンサーリンク

日程について

びわ湖花火大会の日程が発表されました。

日程

2023年8月8日(火)19:30~20:30(延期はありません)

4年ぶりでしかも延期は行われないので、当日は晴天であって欲しいですね。

打ち上げ場所

場所は、大津市浜大津 県営大津港沖水面一帯です。

詳しくは、大津港沖約400mとびわ湖大津プリンスホテル沖の2ヶ所です。

【大津港アクセス】

  • 京阪大津線「びわ湖浜大津駅」下車徒歩約3分
  • JR「大津駅」から(京阪バス、江若バス、近江鉄道バス)バスで約5分(浜大津バス停下車)徒歩約3分
  • JR「大津駅」から徒歩約15分

【びわ湖大津プリンスホテルアクセス】

・JR大津駅から無料シャトルバスまたはタクシーで平常時約10分。

びわ湖大津プリンスホテルは全室レイクビューなので、お部屋から花火大会が楽しめます。

ゆったり花火を観たい方は早めにホテルを予約しておきましょう!

有料観覧席とチケットについて

スポンサーリンク

有料観覧席の種類と値段

2023年有料観覧席の種類と値段が発表されました。
チケットは抽選販売となりました。

エグゼクティブシートリクライニングチェア、エリア専用トイレ、飲み放題付きシート前売り25,000円        
プレミアS席(1列目)パイプ椅子9,500円
プレミアA席(2列目)パイプ椅子8,000円
カップル席湖岸エリアの前3列(2席1組)22,000円
桟敷席大津市島ノ関(大津市民会館前)42,000円(6名枡)、22,000円(ペア席1升)
カメラ指定席お祭り広場となぎさ公園を
つなぐ橋の付近 パイプ椅子
12,000円
普通席プレミアムシートより後ろのパイプ椅子(3列目以降)6,000円
アーカス席アーカス前2階席9,000円
駅チカシート席浜大津駅より一番近い席6,000円~8,000円

※3歳より有料となりますので購入時はご注意ください。

スポンサーリンク

チケット販売所

先行抽選受付日が決定されました。
受付順ではないため、焦らずに受付期間内で申し込みを行いましょう!
また、@tstar.jpからのメール受信ができるよう設定も行っておきましょう!

受付期間:2023年6月17日(土)10:00~6月21日(水)23:59
当落選発表日:2023年6月23日(金)12:00〜
販売場所:オフィシャルチケットサイト

オフィシャルチケットサイトでは、チケットの種類ごとにシートが写真付きで見られます。

また、チケット毎に受付をしていますので、注意事項をよくお読みになってから申し込むようにしましょう!

スポンサーリンク

びわ湖花火大会のみどころ

びわ湖花火大会の見どころは、大津港の沖合にある「びわ湖花噴水」と花火の競演が見どころです。

また湖面の上を扇状に広がる水中スターマインと10号玉、フィナーレの大スターマインも圧巻です。

今年は4年ぶりとあって観覧客が多く訪れそうですね。

まとめ

2023年のびわ湖花火大会の日程が決まりました。

有料観覧席や料金についての発表も行われ、2023年のチケットは抽選受付となりました。

チケット購入希望の方は、受付順ではありませんので、焦らず期間内に申し込むようにしましょう。

4年ぶりの花火大会当日、晴天であることを願っています。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

\全室レイクビューのホテルです/

コメント

タイトルとURLをコピーしました