猪名川花火大会2024穴場/見える場所は?打ち上げ場所についても

イベント
【PR】本ページはプロモーションPRが含まれています。
スポンサーリンク
Sponsored Links

大阪府池田市と兵庫県川西市が合同で行う猪名川花火大会が8月19日(土)に開催予定です。この記事では日程や打ち上げ場所、花火が見えるは穴場スポットをまとめてみました。

なな
なな

ぜひ最後までご覧くださいね

猪名川花火大会2024

スポンサーリンク

日程と打ち上げ場所

第75回猪名川花火大会が5年ぶりに開催されることになりました。

久しぶりの花火大会を楽しみにしている方が多いことと思います。

日時:2023年8月19日(土) 19:20~20:20 荒天の場合中止、順延はありません
会場:猪名川河川敷
例年の人出:約13万人
打ち上げ数:4,000発

ブルーシートでの場所取りは全面禁止されています。
開場は当日16時30分からです。
悪天候時や河川敷の状況による中止については、当日午後3時までに両市での最終協議で決定、発表されます。

花火大会開催についての確認ができます
IVRy(前日・当日のみ有効 050-1807-3180
自動音声案内です。

【アクセス】
電車の場合:阪急宝塚線池田駅・川西能勢口駅から徒歩約10分
       JR福知山線川西池田駅から徒歩約15分

引用元:第75回猪名川花火大会 川西市

打ち上げ場所は川西市と池田市が公開している地図に記されています。

それぞれの駅に近い第1会場は、毎回大変混雑しますので、混雑を少しでも避けて楽しめるよう穴場スポットをまとめましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

猪名川花火大会穴場スポット・見える場所はどこ?

花火大会を会場で観ると混雑は避けられないため、少し離れていてもゆったり見られる場所で花火を楽しみたい方も多いはず。

ここでは花火大会の穴場スポットをまとめてみました。

大阪国際空港(伊丹空港)

伊丹空港には屋上に大変広い展望デッキがあります。

普段は、国内線の飛行機の発着を見ることができる場所ですが、猪名川花火大会の日は、打ち上げ花火と飛行機のコラボ写真も撮影できるので、空港や飛行機が好きな方に人気のスポットです。

空港にトイレもありますので安心ですが、花火大会開催時間が近づくにつれ、人が多くなりますのでトイレはなるべく早めに済ませておくことがおすすめです。

伊丹スカイパーク

場所は、上記地図に記載されています。

大阪国際空港の滑走路からフェンスを隔てた真横にあり、普段は飛行機の発着が目の前で見られる場所で、公園などもあるためお子さま連れの方にも人気のスポットです。

園内には数か所に一般トイレや車いす用のトイレも併設されています。

駐車場:341台(北駐車場114台/中央駐車場75台/南駐車場152台)
駐車料金:普通車20分100円(最大料金なし)

五月山秀望台

高台なので夜景がきれいに見えます。

ただ花火会場からは直線距離で約2㎞あり、やや遠いので迫力には欠けます。

五月山ドライブウェイ
通行料金:300円
通行時間:5時~22時(バイクは終日通行禁止)
駐車場:無料
台数:数台

花火大会開催日の18時~21時までは通行禁止となりますのでご注意ください。

展望台の下に駐車場がありますが、花火の日は駐車困難です。

東久代運動公園

打ち上げ会場から離れていますが花火はやや遠くに見えます。

ただ、猪名川花火大会開催日は、終日利用することができず、駐車場も利用できないとのことです。

詳しくは、公式ホームページ参照

イオンモール伊丹

イオンモール伊丹の屋上から打ち上げ花火が見えます。

花火会場から離れていますので、見え方は小さめです。

ただ、建物で一部遮られていますので、きれいな写真を撮りたい方にはおすすめできないです。

まとめ

猪名川花火大会の穴場スポットについてまとめてみました。

すみれガ丘できれいに見えるという噂がありますが、恐らく横浜のことだと思われます(見えないという投稿あり)。

最近では、穴場スポットも人が多くなっていますが、会場に比べると余裕があるようです。

夜の空港はとてもきれいですのでおすすめです。

開催日は天候に恵まれることを願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

\モバイルバッテリーにもなります/


error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました