ねぶた祭2024スケジュールは?コースや見どころ,雨天についても

イベント
【PR】本ページはプロモーションPRが含まれています。
スポンサーリンク
Sponsored Links

東北三大祭りとして全国的に有名な青森ねぶた祭。8月2日~7日までの6日間、毎年延べ270万人が訪れる大きなイベントです。そこで今回は、青森ねぶた祭のスケジュールやコース、見どころ、雨天時について調べてみました。

青森ねぶた祭の概要

スポンサーリンク

青森ねぶた祭とは

青森ねぶた祭りは、青森県青森市で毎年開催される夏祭り(日本の火祭り)で、仙台七夕まつり、秋田竿燈まつりと並ぶ東北三大祭りの一つです。

1980年(昭和55年)には、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

毎年、延べ約270万人以上の観光客が日本全国や海外からも訪れます。

伝説や歴史上の人物、歌舞伎、神話を題材に制作された「ねぶた」や、その周りで鈴をならしながら掛け声で踊っている「ハネト」、笛や太鼓など壮大なスケールでお祭りが行われます。

日程・時間

青森ねぶた祭の開催日は、毎年曜日に関係なく同日に行われます。

日程:2023年8月2日(水)~7日(月)

8月1日:前夜祭(18:00~21:00) ねぶたの運行はありません。

8月2~3日(19:00~21:00):地域の子供たちによる「子どもねぶた」10台、大人たちによる「大型ねぶた」15台が運行します。

8月4~6日(18:50~21:00)祭りが一番盛り上がりを見せる3日間です。大型ねぶたが20台運行します。

8月7日(13:00~15:00):大型ねぶた20台がこの日だけ昼間に運行します。そして、19:15~20:45まで、青森港でねぶたを船に乗せて周遊する海上運行と花火大会が行われ、ねぶたと花火大会を同時に楽しむことができます。

はな
はな

最終日はねぶたと花火大会のコラボが観られる~♪

スポンサーリンク

運行スケジュールとコースについて

運行コースです。

それぞれのねぶたが1台ずつ順次スタートする出発地点(左回り)と、先頭通過予定時間が公開されています。

出典:青森ねぶた祭公式HPより

運行スケジュールです。

8月2~3日 19:00~(先頭ねぶた協働社交差点から出発)

8月4~6日 18:50~(先頭ねぶた新町柳町交差点から出発)

8月2日~5日までの審査結果で、8月6日にねぶた大賞他、各賞が発表されます。
※6日は受賞したねぶたが観られますよ!

8月7日 13:00~(先頭ねぶた新町柳町交差点から出発)
    19:15~21:00頃 (会場:青森港)

第69回青森花火大会・ねぶた海上運行
受賞したねぶた4台が青森港を運行します。
海上を行き交う幻想的なねぶたと、大輪の花火がフィナーレを飾ります。

なな
なな

最終日の夜はねぶたと花火のコラボが観られますよ!

スポンサーリンク

見どころ

見どころは迫力のある大型ねぶたです。

灯りがともされた大型ねぶたは、壮大で息をのむほど美しいです。

8月6日では、受賞した大型ねぶたが運行しますので、この日はお祭り全部が見どころと言えるでしょう!

また最終日のねぶたの海上運行と花火大会のフィナーレも楽しめますよ!

スポンサーリンク

雨天時について

雨天時は、ねぶたに大きなビニールをかけて運行が行われますので、雨でも中止はしないです。

ねぶた祭は屋外イベントのため、観覧席に屋根はついていません。雨天時は、レインコートなどのご準備をお願いいたします。傘の使用は他のお客様の視界の妨げとなりますのでご遠慮ください。

引用元:青森ねぶた祭Q&Aより

観覧席は、パイプ組桟敷席・パイプいす席の2種類が歩道に設置されています。

なな
なな

傘を使用すると他の方の視界を妨げるだけではなく、危険ですので、必ずレインコートを準備しておきましょう!

まとめ

毎年、8月2~7日に行われる、青森ねぶた祭のスケジュールや見どころなどを調べてみました。

写真を見るだけでも迫力や美しさを感じますね。

運行スケジュールは詳しく図示されていますので、参考になるかと思います。

雨天時は開催されますので、レインコートを持参しておきましょう!

開催日の6日間はお天気に恵まれることを願っています。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

\青森ねぶた祭はツアーで!/

周辺ホテルは満室でした

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました