関門海峡花火大会2023下関/門司側の有料席チケット販売はいつからいつまで?打ち上げ場所や見どころも調査!

イベント
Sponsored Links

関門海峡花火大会は、山口県の下関側と福岡県北九州市の門司側で同時に約15,000発の打ち上げ花火が見られる西日本最大級の花火大会です。毎年のように安倍元首相が奥様とともに帰省され花火を鑑賞されていたことでも知られている大会場所ですね。まだ一度も関門海峡花火大会に行ったことがなく、新型コロナの規制も徐々に緩和されつつある今年こそはぜひ行ってみたいと思っています。そこで今回は、花火大会開催日や有料観覧席のチケット販売はいつからいつまでなのか、打ち上げ場所や見どころについて調べてみました。

関門海峡花火大会2023

[quads id=1]

開催日時

2023年8月13日(日) 開始時間は19:50、終了時間は20:40

毎年、曜日は関係なく8月13日に行われていますので、今年の開催日も8月13日で間違いないと思われます。

会場

花火大会は関門海峡を挟んだ両岸から見ることができます。

下関側

山口県下関市唐戸あるかぽーと地区および22号岸壁周辺(JR下関駅から徒歩15分)

下関側の周辺地図です。

JR下関駅から会場までの道のりが分かります。

なお有料チャリティエリアに関しては、下関会場公式サイトで更に詳しい場所が記載されています。

門司側

 福岡県北九州市門司区西海岸埋立地(JR門司港駅そば)

JR門司港駅から海に向かったすぐそばにあります。

周辺には焼きカレーのお店があり、2度ほど美味しくいただきました。

[quads id=1]

その他の情報

打ち上げ玉数は、関門双方で各約7,500発ずつ、約15,000発ですので西日本最大級といわれています。

主催者発表によりますと、観客動員数は115万人(門司側で70万人、下関側で45万人)で、全国の花火大会としては第2位の観客動員数なのだそうです。

下関/門司側の有料席チケット販売はいつからいつまで?

現在、チケットの販売はまだ行われていません。チケット販売に関しましては随時更新いたします。

門司側と下関側では異なりますので分けて記しておきます。2022年の有料席を載せておきますので参考にしてみてくださいね。

注意)中止の場合でも払い戻しは一切行われません。

[quads id=1]

門司側

関門海峡花火大会2022のチケット情報です。

特別協賛席Ⅰ

海上から打ち上げられる花火打上場所から一番近い席です。

畳2畳分で5名まで座ることができます(E席は畳3畳分で8名様まで可能)。

S席 50,000円、A席 24,000円、B席 22,000円、C席 22,000円、D席 20,000円、E席(8人席24,000円)

ご協賛の取り扱いは『セブンチケット』のみとなります。

特別協賛席Ⅱ

畳2畳分に5名まで座ることができます。

1~7席 12,000円(真横に生垣あり)、11~17席 15,000円、21~27席 15,000円

ご協賛の取り扱いは『セブンチケット』のみとなります。

協賛イス席

座席指定はなく、先着順です。

特別協賛席同様に『音楽花火』が楽しめます。

イスに座っての観覧ができる席です(パイプ椅子が準備されています)。

1席 5,000円 (7月中に申し込む場合は早割で1席4,000円でした)

ご協賛の取り扱いは『セブンチケット』のみとなります。

環境整備協力チケット

花火観覧エリアに入場される際に必要なチケットです。チケットをお持ちでない方は入場することができなくなりました。

2022年は、7月14日に1人1,000円で環境整備協力チケットが発売されました。

セブンチケットほか、下記でもお取り扱いをされていました。

取扱場所 住所
門司区役所売店    8:30~16:00【土日祝・休】 〒801-8510 北九州市門司区清滝一丁目1番1号
小倉北区役所売店    9:00~16:30【土日祝・休】 〒803-8501 北九州市小倉北区城内1番1号
戸畑区役所売店    8:30~16:00【土日祝・休】 〒804-8510 北九州市戸畑区千防一丁目1番1号
若松区役所売店    9:00~15:00【土日祝・休】 〒808-8510 北九州市若松区浜町一丁目1番1号
門司港カモメホール   10:00~18:00【土日祝・休】 〒801-0863 北九州市門司区栄町4−26
門司港レトロ観光物産館(港ハウス)1F 北九州お土産
10:00~17:00【8/13まで無休】
〒801-0853 北九州市門司区東港町6-72
ウェル戸畑4F 北九州市母子寡婦福祉会
9:30~17:30【土日祝・休】
〒804-0067 北九州市戸畑区汐井町1番6号

特別協賛席Ⅰ・Ⅱ・イス席の方は、入場の際にこのチケットは必要ありません。

[quads id=1]

下関側

2023年のチケットは発売されていませんので参考までに2022年分を記しておきます。

販売期間:一般発売 2022年6月28日(火) 15:00~開催日前日23:59まで

あるかぽーと会場(メイン会場・定員10,000名)

大人(中学生以上):3,000円(税込)
子供(小学生):1,000円(税込)※小学生未満は無料

イープラスと楽天チケットで購入できます。

ゆめタワー前会場(定員2,000名)

大人(中学生以上):3,000円(税込)
子供(小学生):1,000円(税込)※小学生未満は無料

イープラスと楽天チケットで購入できます。

カモンワーフ会場・唐戸市場前会場(合計定員5,000名)

大人(中学生以上):2,000円(税込)
子供(小学生):1,000円(税込)※小学生未満は無料

イープラスと楽天チケットで購入できます。

特Sスポンサーエリア

花火が大迫力で観られる特等席のスポンサーエリアです。

一口5,000円で個人の方も入場可能です。

申し込み方法については、公式サイトでご確認ください(2023年分は未発売)。

随時更新いたします。

打ち上げ場所や見どころは?

花火大会は、門司側と下関側で2ヶ所同時に行われます。

打ち上げ場所

門司側の打ち上げ場所です。

下関側の打ち上げ場所は、海峡ゆめタワー前、あるかぽーと前のそれぞれの海上に打上げ台船があります。

見どころ

下関側では、フィナーレに打ち上がる1尺5寸玉花火や、水中花火、フェニックス、尺玉連発などの大迫力な花火が盛大に打ち上がります。ダイナミックな花火と、関門海峡の美しい夜景のコラボレーションも魅力のひとつです。

門司側では、音楽に合わせて上がる花火や大玉の連続打ち上げが見どころです。

また、両岸から競うように打ち上げる花火の迫力と美しさで2倍楽しめます。

まとめ

現時点では、花火大会開催のお知らせはされていませんが、2020年と2021年の新型コロナで開催されなかった年を除いては、毎年8月13日に開催されています。

チケットに関する情報も発表されていませんので、詳細は随時追加することにします。

下関側のフィナーレに打ち上がる1尺5寸玉花火や関門橋とのコラボ、両岸から打ち上がるダイナミックな花火など見どころ満載なのでぜひ観に行きたいですね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました