大洗海上花火大会2023無料の穴場スポットは?交通規制についても

イベント
Sponsored Links

大洗海上花火大会は、2022年より花火の打ち上げ会場である大洗サンビーチが有料エリアになりました。例年3万人が訪れる花火大会ですが、無料で観たいという方も多いはず。そこで今回は、無料で楽しめる穴場スポットを探してみました。また交通規制につていも調べてみました。

大洗海上花火大会の穴場スポットは?

[quads id=1]

大洗シーサイドステーション

大洗シーサイドステーションは、大洗サンビーチのそばにある食事を楽しめる施設です。

トイレの心配はなく、花火はしっかり観れますが、混雑します。

早めに場所を確保しておきましょう!

住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央11-2

アクセス:【電車】JR水戸駅より鹿島臨海鉄道大洗鹿島線に乗車し約10分
「大洗駅」下車。大洗駅よりきらめき通りを直進、徒歩15分。

【バス】大洗駅より循環バス海遊号に乗車し約5分、大洗サンビーチルート「大洗わくわく科学館・大洗シーサイドステーション前」下車。

【車】(東京・つくば・小山方面から)常磐自動車道「友部JCT」より約20分、北関東自動車道「水戸大洗IC」を降りて国道51号線を経由して約10分。

(千葉方面から)東関東自動車道「潮来IC」より、国道51号線経由して約60分。

めんたいパーク大洗

めんたいパーク大洗は、港のそばにあり、遮るものがなく見通しが良いため、しっかりと花火を観ることができます。

住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町8255-3

アクセス:【電車】(東京から)JR常磐線に乗車し特急60~75分で水戸駅、大洗鹿島線に乗り換え16分で大洗駅、めんたいパークまで徒歩20分

【車】(東京から)常磐自動車道・水戸方面、「友部JCT」より北関東自動車道・ひたちなか方面へ「水戸・大洗IC」よ約10分で大洗市街、めんたいパーク大洗

[quads id=1]

大洗サンビーチキャンプ場

大洗サンビーチキャンプ場は、花火会場から約10分のところに位置しています。

キャンプをしながら花火を観ることができます。

大洗サンビーチは、有料エリアになります。

キャンプを計画されている方は、早めの予約をおすすめします。

大洗サンビーチキャンプ場

住所:茨城県東茨城郡大洗町大貫町1212-57

大貫海岸

海岸を一望できる展望台のような小高いところにあり、茨木百景にもなっています。

住所:茨城県大洗町大貫町

[quads id=1]

大洗港先端緑地公園

海沿いの公園のため遮るものがなく、大洗サンビーチが見えます。

駐車場はありませんので、近隣の駐車場に駐車することになります。

大洗マリンタワー

大洗マリンタワーは有料になりますが、眺めの良い地上55m(最上階)の展望室は360度の大パノラマです。花火を鑑賞することができますよ。

入館料 大人(高校生以上):340円 小人(小・中学生):170円 小学生未満:無料

住所:茨城県東茨城郡大洗町港中央10

営業時間:9:00~21:00(時期により異なる)

アクセス:鹿島臨海鉄道大洗鹿島線大洗駅から茨城交通大洗海遊号バスで7分、大洗マリンタワー下車すぐ

駐車場:100台(無料)

交通規制について

花火大会当日は交通規制が行われます。

2022年は大洗マリンタワーと大洗アウトレットの海側道路が対象でした。

交通規制時間は、15:00~20:30でしたが、今年は花火の開催時間が昨年とは違いますので、

交通規制時間も変更があると思われます。

なな
なな

2023年の交通規制に関しては随時更新します。

まとめ

大洗海上花火大会が見える穴場スポットをまとめてみました。

海沿いの施設から見えるスポットはいくつかありますので、有料エリアに入場するチケットがなくても、花火大会を十分に楽しむことができます。

ただ交通規制がありますので、お車の方は交通規制区域と時間にもご注意くださいね。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

\海が見えるホテルです/

コメント

タイトルとURLをコピーしました